Kuo氏、iPhone 11の需要と「iPhone SE 2」の発売で、2020年第1四半期のiPhoneの売上高は前年比10%増

Kuo氏、iPhone 11の需要と「iPhone SE 2」の発売で、2020年第1四半期のiPhoneの売上高は前年比10%増

2020年第1四半期

TF証券のアナリストであるMing​​-Chi Kuo氏は、iPhone 11の強力な交換需要と同時期に開始される「iPhone SE 2」の発売により、2020年第1四半期にiPhoneは前年比10%増の売上高を予測しています

iPhone 11 シリーズの出荷台数は2019年に7,000万から7,500万台に達すると予測しています

Kuo氏は、Appleが最新の主力iPhoneに対する予想以上の需要の後、サプライヤからの注文を増やした可能性があることを以前に示しました

具体的には、Kuo氏は、2019年のiPhone 11 Proの出荷台数は約3,700〜4,000万台、iPhone 11の出荷台数は約3,600〜4,000万台になると予測しています

これらの数値が正確な場合、Proシリーズの出荷は昨年の同等のiPhone XS よりも少なくなると述べています、これは特定のiPhone 11 Pro コンポーネントの「生産の難易度の増加」で供給が厳しくなることに起因します

一方、iPhone 11の出荷は2018年のiPhone XR よりも高くなります、これは主に、iPhone XR が第4四半期半ばまで出荷を開始しなかったためです

スポンサーリンク


Kuo 氏によると、Apple は第4四半期に一部のサプライヤーの出荷予測または容量要件を引き上げ、来年に向かう出荷が需要を満たすことを確実にしています

より手頃な価格に後押しされ、iPhone 11の高い交換需要は2020年第1四半期に突入する可能性がある、と考えています

その結果、Kuo氏は「2020年第1四半期のiPhone 11の出荷台数(2,200~2,400万台)は、2019年第1四半期のiPhone XR出荷台数(1,400万台)よりも大幅に優れている」と予測してます

Kuo氏は以前、Appleは2020年第1四半期に低価格の「iPhone SE 2」を発売する計画だと主張し、今月初め、同デバイスはiPhone 8と同様のフォームファクタの設計と仕様を備えており、A13チップと3GBのRAMを搭載すると述べています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)