Apple、FaceTimeのバグ修正のソフトウェアアップデートが来週まで遅れることを謝罪

Apple、FaceTimeのバグ修正のソフトウェアアップデートが来週まで遅れることを謝罪

修正は来週

AppleはMacRumorsに対して FaceTimeの重大な盗聴バグを謝罪し、次のような声明を出しました

Appleのサーバー上のGroup FaceTimeセキュリティバグを修正し、来週ユーザー向けにこの機能を再び有効にするためのソフトウェアアップデートをリリースする予定です


私達は私達の製品のセキュリティを非常に真剣に受け止めており、そして私達はAppleのお客様が私達に置く信頼を獲得し続けることを約束します

月曜日に広く公表されたFaceTimeのバグにより、ある人がFaceTime経由で別の人に電話をかけ、インターフェイスを上にスライドして自分の電話番号を入力し、相手が電話を受け付けなくても自動的に相手の機器から音声にアクセスできました

スポンサーリンク

Group FaceTimeを一時停止

AppleはGroup FaceTimeを一時的なサーバサイドの解決策として無効にしたため、バグが機能しなくなっています

Appleはまた、もともと今週利用可能になると言っていた恒久的な修正を加えたソフトウェアアップデートに取り組んでいましが、Appleの声明によればこのソフトウェアアップデートのリリースは来週まで延期されました

Appleはすでにテキサス州で訴訟に直面しており、カナダでこのバグに関して集団訴訟を提起されています

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)