Apple、秘密の個人健康記録イニシアチブでスタートアップの「Health Gorilla」と協力している

Apple、秘密の個人健康記録イニシアチブでスタートアップの「Health Gorilla」と協力している

「Health Gorilla」は、血液検査などの診断情報を1か所に集約することを専門としています

AppleはiPhoneをあなたのすべての医療情報のための個人的なハブに変える秘密の計画に取り組んでいると、Christina Farr氏はCNBCに先週報告しました

でも、それだけではありません、イニシアチブに精通した2人によるとAppleのヘルスチームは「Health Gorilla」と呼ばれる小さなスタートアップと協力しています

同氏によると、「Health Gorilla」は血液検査、病院との統合、QuestやLabCorpなどの検査機関、イメージングセンターなど、iPhoneに診断データを追加するためにアップルと協力していると言います

500万ドルの資金を調達したばかりの創業者は、医師に「患者の病歴の完全な描写」を提供することを専門としていると言います

「Health Gorilla」の投資家であるトゥルーベンチャーズのブログ記事によると、CEOのスティーブ・ヤスキン氏は、彼の友人の医者が患者の診察検査結果を自分の診療に移す過程に不満を抱いて会社を設立した

これは、主に医師に連動され、それらのための市場としての注文を配置し、医療記録を共有する役割を果たします。しかし、それはまた、10分で医療情報を収集することを約束患者のための無料提供しています

AppleとHealth Gorilla のYaskin 氏は、この提携についてコメントしませんでした

スポンサーリンク


病院は、第三者ラボ、プライマリケアグループ、および専門家の間で普及しているケアポイントで、患者の重要なデータにアクセスすることにしばしば苦労していますそして、それらの知識のギャップは、しばしば逃した診断や不要な医療過誤につながることがあります

ソースはCNBCに、Appleは患者が自分のケアの中心を作る事によって 「相互運用性」の問題を解決しようとしていると語りました

目標は、iPhoneユーザーにラボ結果、アレルギーリストなどの自分の医療情報をレビュー、保存、共有するためのツールを提供することです

目標は、iPhoneユーザーにラボ結果、アレルギーリストなどの自分の医療情報をレビュー、保存、共有するためのツールを提供することです

(Via CNBC.)


Appleの医療情報への取り組みは、ティーブ・ジョブス氏がすい臓がんで死ぬまでに医師と医療システムに多大な時間を費やしました

ジョブス氏は、医療システムのさまざまな側面、特に患者、そのデータ、および医療提供者との関係に、いくつかのデジタル秩序をもたらすことを試みるという課題に取り組みました

Appleの経営陣は、ジョブス氏の死後に引き続きこの問題に取り組んできていると思います


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)