「iPhone X」11月に部品不足が緩和されるが、発売時には200〜300万台確保の見通し

「iPhone X」11月に部品不足が緩和されるが、発売時には200〜300万台確保の見通し

Appleの「iPhone X」の生産の問題は解決に近づいて、11月には主要コンポーネント不足が解消

200〜300万台

アナリストMing-Chi Kuo氏によると、「iPhone X」のAppleの組立歩留まり率は安定しており、11月3日にデバイス出荷前に200〜300万台の在庫を確保すると見込んでいるおり、生産者の多様化と製造上の問題の解決のおかげで、すぐに生産が開始されるはずですと語りました

Kuo氏は、iPhone Xの主要なボトルネックとして、フレキシブルプリント基板を見ています
これは、Kuo氏を含む以前のレポートではTrueDepthカメラシステムに関連するハードウェアのせいであると主張していました

特に、アンテナFPCBの供給は、Appleの大量生産能力に大きな影響を与えています

iPhone Xアンテナの仕様がiPhone 8の仕様よりも高く、アンテナFPCBには特別な材料、レシピ、設計、プロセスはMurataとCareer TechだけがAppleの要件を満たすことができるためだとKuo氏は言っています

Murata(元々は60%の受注配分以上)は、2018年Q2以前に問題を解決することができないため、第2のサプライヤーCareerに完全に置き換えられました

スポンサーリンク


広角カメラモジュールのFPCBは、最も制約の厳しい「iPhone X」コンポーネントのリストの第2位です
他のデュアルカメラスマートフォンとは異なり、AppleのiPhoneは2つの別々のPCBに依存していて、その1つは広角レンズを制御し、もう1つは望遠ハードウェア専用です

Kuo氏は、「iPhone X」の第4四半期出荷見積りを3,000〜3,500万台から2,500〜3000万台に修正しました

出荷は、2018年の第1四半期に急速に増加し、順次ベースで50%増加すると見込まれています

(Via appleinsider.)

先日お伝えしたように、急速に生産量はアップするようですが、初期ロット数は相当厳しいものになりそうですね

「iPhone X」は、日本時間の10月27日 16:01予約開始、11月3日発売開始となっています


では、では・・・











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)