化学療法2クール目の1回目のジェムザールの点滴

化学療法2クール目の1回目のジェムザールの点滴

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

IMG 4479



2014年8月27日



1クール目の薬のない期間に高熱や水疱があり、どうなるかと思っていた2クール目です。

1クール目二回共に入院での処方でしたが、ジェムザールの点滴は今回初めての外来での処方と言う事になります。

まずは血液検査の結果
開始前で化学療法をするのに一番問題になっていた総ビリルビンは
2.8 → 1.3

1クール目の二週目の最後に基準値を下回っていた白血球数
3.0 → 4.6(基準値の最低は3.5)

これまで 38.9度だった熱も 37.1度の微熱だったので
2クール目の一回目は、1クール目と同じように

・吐き気予防のグラニセトロンバック デカドロンを30分
・ジェムザール 100ml を30分
・生理食塩水 50mlを10分
です。

化学療法室で、電動のリクライニングシートに座っての点滴で
他の方はテレビを見ながらの方が殆どで、慣れて居られるようでした。

薬剤部の肩が来られて発熱の件・水疱の件と事細かに聞いて行かれました。
幸いにも、熱が出た時や38度を超えて薬を飲んだ時間帯、水疱が出た時の写真(時間が表示されるようにして撮影)をしていたので細かく答える事が出来ました。

これからも、時間や症状、写真が必要であれば写真を
時間経緯と主に書き残しておこうと思います。

4ヶ月の余命宣告から3ヶ月目に入りました。


2014年8月29日



先週から始まった高熱と水疱は何だったろう?
と、思うくらい2クール目に入って順調です。

何も副作用がないほうが良いわけで・・・。

ただ、用心のために朝のウォーキングは控えています。
全く運動をしないと言うのも、良くないでしょうし
様子を見てぼちぼち、軽めに始めるのも良いかな?



2014年9月3日



化学療法2クール目の2回目のジェムザールの点滴が白血球と分葉核球が基準値に満たなかったため見送りになっていました。

この見送りが痛いわけです






ご案内

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly














LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)