AirDropが使えない場合の解決方法

AirDropが使えない場合の解決方法

Appleデバイス、Mac、iPhone、iPadでファイルをやり取りするための最も便利な機能の一つは、速くて簡単なAirDropです

しかし、ときには問題が発生することもあり、それは潜在的に多く存在します

AirDrop、この機能は非常に独創的ですが、常に機能するとは限りません、一般的に起こりうる問題とその解決方法です

BluetoothとWi-Fiの問題

AirDropはBluetoothとWi-Fiを介して動作するため、これが最も一般的なエラーの原因にもなっています、最初に次のことを確認します

  1. iPhoneまたはiPadのBluetoothとWi-Fiをオフにしてから、もう一度オンにします
  2. これを行うには、コントロールセンターを開き、対応するシンボルをタップします

  3. また、iPhoneで機内モードのオンとオフを切り替えることもできます

次に、共有したいMacを選びます、ここでも、BluetoothとWi-Fiをオフにしたり、オンにしたりします

以上のことを行ってもAirDropの問題が解決しない場合は、次のうちどれかの問題が発生している可能性があります

スポンサーリンク

iPhoneおよびiPadでのAirDropの問題

AirDropがオンになっていることを確認

iOSデバイスではデフォルトでAirDropが有効になっています

  • コントロールセンターをプルダウンし、Airplane Mode、WiFi、Bluetoothのロゴが表示されている領域の中央を押したままにし、次にAirDropをクリックします
  • または、「設定」>「一般」>「AirDrop」を開き、オプションの「受信しない」、「連絡先のみ」、「すべての人」から選択します

iPhoneを再起動

それでもAirDropが機能しない場合は、iPhoneを再起動します

ソフトウェア・アップデートの実行

ソフトウェアが最新であることを確認する必要があります

MacでのAirDropの問題

AirDropがオンになっていることを確認

  1. MacでFinderを開きます
  2. サイドバーのAirDropをクリックします
  3. AirDropのステータスがここに表示されます
  4. 「このMacを検出可能な相手:」を確認します

  5. また、「AirDropは使用できません」というメッセージが表示される場合もあります

これは、インターネット接続をWiFiで共有している場合に起こります

Macを再起動

Wi-FiやBluetoothに問題がある場合、Macを再起動することで問題が解決することがあります

ソフトウェア・アップデートの実行

iPhoneやiPadの場合と同様に、ソフトウェア・アップデートが行われていないかどうかを確認します

スポンサーリンク

その他の原因の問題

Mac、iPhone、iPad、または送信先のデバイスが見つからない場合、ファイルが受け付けられないか受信されない場合、またはAirDropファイルの転送がキャンセルされた場合は、以下の原因が考えられます

デバイスのロックが解除されていない

送ろうとしているiPhoneがロック解除されていないと、AirDropを使おうとしているデバイスからは見えません。そのため、使用するすべてのデバイスの電源が入っており、ロックが解除されていることを確認します

Wi-Fiが利用できない

Macのインターネット接続が他のデバイスと共有されている場合、Wi-FiはAirDropに利用できません

「システム環境設定」>「共有」で共有を停止し、インターネット共有を無効にする必要があります、iPhoneでホットスポットを作成している場合も同様です

Bluetoothの問題

Bluetooth接続が原因の場合もあります、その場合は、他のBluetooth機器をすべて外してみて、何か変化があるかどうか試してみます

他の機器との干渉

問題を引き起こすのは、Bluetooth機器だけではありません。電子レンジなど、家庭内にはネットワーク接続を妨害するさまざまな機器があります

ファイアウォールを無効にする

Macにインストールされているファイアウォールが、AirDropの動作を妨げている可能性があります、ファイアウォールをオフにするには、「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「ファイアウォール」で「ファイアウォールをオフにする」を選択します

802.11acネットワークを使用する

802.11acのネットワークがあれば、そちらに切り替えてみてください。802.11nのネットワークでは、AirDropの問題が発生することがあります

ファイルのサイズが大きすぎる

AirDropで送信されるファイルのサイズには制限がないため、ファイルのサイズが原因でAirDropが機能しないことはありません、しかし、ファイルのサイズが非常に大きい場合は、送信に時間がかかり、それがAirDropがうまくいかない原因の一つと考えられます

また、ファイル転送を受け付ける端末のメモリが不足していても、ファイルを送信できない場合があります

距離が遠すぎる

Appleによると、AirDropの通信範囲は9〜10メートル程度で、これはモバイル機器で一般的に使用されているBluetoothの通信範囲です

AirDropが拒否された

受信者が、受信したAirDropリクエストを誤って拒否した可能性があります

対応していないフォーマット

AirDropで共有できるファイルやデータには、写真やビデオはもちろん、地図上の位置情報、連絡先など、さまざまなものがあります

AirDropで音楽を共有しようとすると、「AirDropで共有する」というオプションが表示されますが、この方法で実際に曲を送れるわけではありません、AirDropの受信者は、Apple Musicを購読していない限り、iTunesから音楽をダウンロードするためのリンクを受け取ることになります

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)