iPhone 12の部品価格は$431、5Gと有機ELディスプレイで価格が大幅に上昇

iPhone 12の部品価格は$431、5Gと有機ELディスプレイで価格が大幅に上昇

分析会社Counterpoint Researchは毎年、最新モデルのiPhoneコンポーネントの価格に関するレポートを発表していますが、米国版iPhone 12ベースモデルの部品表 (BOM) によるレポートを公開しました

iPhone 12の部品価格は431ドルで、iPhone 11と比べて26%上昇しています

やはり5 Gモジュールがコストアップの原因となっています、しかし、Appleは充電器とEarPodsを新しいiPhoneに置き換えることで、かなり節約したようです、また、梱包のコンパクト化により、物流コストも大幅に削減できました

128GBのiPhone 12 mmWave (ミリ波) を製造するには、Appleは最大431ドルかかり、iPhone 11と比較して26%高い、とCounterpointの部品調査プラクティスによる最新の部品表 (BoM) 分析が伝えています

RF設計の簡素化により27ドル以上のコスト削減を実現したにもかかわらず、海外市場向けの6GHz未満専用モデルのBoMコストは依然として18%増加しました

mmWaveミックスを38%と仮定した場合、128GBのNANDフラッシュを搭載したiPhone 12の混合材料コストは415ドル近くになり、前モデルと比べて21%増加しています、アプリケーションプロセッサ、5Gベースバンド、ディスプレイ、および5G RFコンポーネントは、コスト増加の主な領域を占めています

スポンサーリンク

iPhone 12コンポーネントの値上げの理由

iPhone 12 128GBの材料費は415ドルで、これはiPhone 11の代わりに21%の増加になります、AppleのA14は、前モデルよりも高速で効率的です

CPU、GPU、ニューラルエンジンよりも大幅な性能向上を実現しています、A14チップは全体のコストの16.7%を占めています

複数のRFコンポーネントを備えた5 Gモジュールでは、コストが増加します

具体的には、RFサブシステムのコストが19ドルであることに加え、OLEDディスプレイがコンポーネントコストを上昇させています、iPhone 12には、iPhone 11のLEDではなくOLEDディスプレイが搭載されているため、23ドルのコスト増となっています

そのため、Appleはサプライヤーを多様化させることでコストを下げていると言われています

(Via Counterpoint Research.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)