Appleは自動運転車を積極的に開発しているが、Apple Carは5〜7年先か

Appleは自動運転車を積極的に開発しているが、Apple Carは5〜7年先か

BloombergのMark Gurman氏によると、「Apple Car」の開発はまだ初期段階にあり、具体的な結果が出るまでには少なくとも5年から7年はかかると言います

タイタンプロジェクトについては2016年から数年間あまり耳にしていませんでしたが自動車業界ではこの取り組みが全面的に見直されています、Appleは完全な自動車ではなく、自動運転システムを開発していると考えられていました

しかし、明らかにビルダーは、12月初旬に機械学習を担当する副社長であるJohn Giannandrea氏がはタイタンプロジェクトを引き継ぎました

Gurman氏の情報筋によると、エンジニアの「小さなチーム」が、運転システム、車のインテリア、エクステリアデザインに取り組んでいます

より正確に言うと、これらのテーマは、車の基本、安全メカニズム、バッテリーにに取り組むことになります、また、受動的な乗客に付き添うという考えで、車の内部レイアウトがどのようになるか想像しようとします

Appleが目指しているのは、自動運転、あるいは少なくとも非常にアシストの多い運転で、ユーザーは自分がどこへ行きたいかを指定し、車は「ドライバー」からの対話を最小限に抑えて、ほぼ自力で進むと思われます

スポンサーリンク


このチームの目的は、単に車を投入することです、そして、AppleのARMチップの魔術師であるJony Srouji氏も関与しており、2018年以来、彼のユニットは、自律走行車に必要なすべてのインテリジェンスを提供することになっている専用チップを開発しています

このプロジェクトを成功させるために、AppleはTeslaに人材を求めています、同社は昨年、Teslaの自動運転技術担当バイスプレジデントを務めていたStuart Bowers氏を採用しました

2019年にAppleに加わったのは、Teslaの副社長Michael Schwekutsch氏 (自律システムのため)とSteve MacManus氏 (Teslaの技術担当副社長)でした

BMW、Tesla、Waymo (Alphabet) の元エンジニアであるJonathan Sive氏は、Titanプロジェクトのシニアエンジニアになりました

MacManus氏は、自動車とは関係のないプロジェクトでAppleで働き始めましたが、それ以来、自動車の内部のテストと製造に取り組んでいます、彼の直属の上司は、以前Teslaのエンジニアで、Project Titanを日常的に監督していたDoug Field氏です

現在、伝説となったこの車両は、量産にはほど遠い、ただし、注意が必要です、Appleはいつでもサードパーティの自動車メーカーに運転システムを供給することができます

(Via bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)