Apple、Google Cloud Platform上でiCloudサービスを利用していることを公式に確認

Apple、Google Cloud Platform上でiCloudサービスを利用していることを公式に確認

Apple は、Google Cloud Platform上で iCloudサービスを実行することを初めて公式に確認しました

AppleがiCloud用にAmazon Web ServicesとMicrosoft Azureと並んでGoogleのサーバーを使用している可能性があることは推測されていますが、Apple自身がこの事実を公式に確認したのは初めてのことです

この承認は、開発者とITプロフェッショナルを対象とした啓発文書「iOS Security Guide」を介して行われました、AppleのWebサイトから閲覧のために利用可能です
IOS Security 001
「iOS Security Guide」は、1月にFace IDセキュリティ、Apple Pay Cashなどに関する情報を更新しました、今回の変更の中で、CNBCが最初に見つけたようにAppleがGoogle Cloud PlatformをiCloudストレージ用に使用していることが認められました

スポンサーリンク


Appleは、他のiCloudの機能やサービスではなく、写真、ビデオ、カレンダー、連絡先などの暗号化されたiCloudアイテムのコアストレージとして、GoogleとAmazon cloudを使用していることを明確にする必要があります
もちろん、Appleは独自の数十億ドル規模のデータセンターを使用しています

Appleによると、iCloudに保存された各ファイルは、AES-128とSHA-256を利用した各チャンクのコンテンツから派生したキーを使用してチャンクに分割され、暗号化されます
キーとファイルのメタデータは両方ともがユーザーのiCloudアカウントでAppleによって保存されています

「暗号化されたファイルは、S3やGoogle Cloud Platformなどの第三者ストレージサービスを使用して、ユーザー識別情報なしで保存されます」とiOS Security Guideに記されています

以前に存在していた Azure リファレンスがなくなったため、Microsoftが主要な顧客をGoogleに奪われた可能性があります

Appleは追加のコンピューティング作業のためにGoogleに依存しているという兆候はありませんし、GoogleのウェブサイトにはAppleからのビジネスへの参照が含まれていません

The Financial Timesは、1年前、Googleが顧客としてAppleが署名したと報告しています

これは、GoogleのクラウドのボスであるDiane Greeneにとって大きな勝利になりました、Diane Greenは、Googleがクラウドにどれだけの大口顧客を抱えているかを世界に示しています

Apple以外にも、Kroger、PayPal、Snap、Spotifyなど、Google Cloudの他の著名な顧客が含まれています

(Via iDownloadBlog.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)