Apple Watchがデータを同期する方法とバックアップをトリガーする方法

Apple Watchがデータを同期する方法とバックアップをトリガーする方法

Appleは、ほとんどのデバイスに自動バックアップサービスを提供しており、Apple Watchも例外ではありません

Apple Watchのバックアップの仕組

Apple Watch が Bluetoothまたは Wi-Fi経由で iPhoneに接続されると、最新のヘルス、ワークアウト、アクティビティ、アプリのデータが自動的に同期されます

  • ヘルス、ワークアウト、アクティビティの情報は「ヘルス」アプリに同期され、そこで暗号化されてiCloudに保存されるか、暗号化されたiPhoneバックアップの一部として保存されます
  • アプリのデータは、Apple Watchアプリは技術的にはiPhoneアプリの単なる拡張機能であるためiPhoneバックアップの一部としてバンドルされます

iPhone は何を同期するのか?

Apple Watch Cync 00001 z
Appleのサポート文書「Apple Watch をバックアップする」によると、Apple WatchがiPhoneに定期的に同期する情報は、以下のようになっています

  • App 固有のデータ (内蔵の App) や設定 (内蔵 App と他社製 App)。たとえば、マップ、距離、単位や、メール、カレンダー、株価、天気の設定などが該当します。
  • ホーム画面の App のレイアウト
  • 文字盤の設定 (現在の文字盤やカスタマイズ内容、並び順など)
  • Dock の設定 (「よく使う項目」順と「最近使った項目」順のどちらで並べ替えているかや、利用できる App など)
  • 一般的なシステム設定 (文字盤、明るさ、サウンド、触覚の設定など)
  • ヘルスケアやフィットネスのデータ。履歴、達成度、Apple Watch のワークアウトとアクティビティで得た調整データ、ユーザが入力したデータなどが該当します (ヘルスケアやフィットネスのデータをバックアップするには、iCloud を使うか、暗号化された iTunes バックアップを使う必要があります)
  • 通知設定
  • Apple Watch に同期しているプレイリスト/アルバム/ミックス、ミュージック App の設定
  • Siri が話すタイミングを制御する、Apple Watch Series 3 以降の Siri の音声フィードバックの設定
  • 同期済みの写真アルバム (同期されているアルバムを確認するには、Apple Watch App を開いて「マイウォッチ」タブをタップし、「写真」>「同期されているアルバム」の順にタップします)。
  • 時間帯

iPhoneは何を同期しないのか?

一般的に、Apple WatchはiPhoneにセキュリティ問題を引き起こす可能性のあるものを同期しません

  • Bluetooth のペアリング情報
  • Apple Watch の Apple Pay で使っていたクレジットカードまたはデビットカード
  • Apple Watch のパスコード
  • メッセージ

スポンサーリンク

iPhoneとApple Watchが同期する頻度は?

iCloud Photo Libraryなどのサービスのサイクルと同様のサイクルで、デバイスが範囲内にあるときはいつでも、2つの間でデータの安定したストリームを供給します

しかし、iCloudのほとんどのサービスとは異なり、Apple WatchはBluetoothまたはWi-Fiを使用することができます、そのため、Apple WatchとiPhoneでホットスポットがなくてもアクティビティデータを同期できます

Apple Watchのバックアップは、iPhonまたはiCloudでローカルに保存されているのか?

最初にApple Watchと iPhoneの間でデータを同期すると、その情報は iPhone上にローカル保存されます、その後、その情報の一部が iCloudに同期されます(たとえば、ヘルスデータをiCloudに保存している場合)

残りは、使用するバックアップの種類に応じて、iPhoneのバックアップ時に iCloudまたはiTunesのいずれかに保存されます

したがって、iPhoneを紛失しても、最近バックアップしてApple IDにアクセスできる限り、Apple Watchの情報をほとんど失うことなく、Apple Watchを復元できます

Apple WatchがiPhoneに接続されていない場合にデータを保存できるのか?

iPhoneなしでランニングをする場合でも、カバーされます

iPhoneと接続のない間に作成したアクティビティとヘルスデータは、再びiPhoneとの接続範囲に入るまで、Apple Watchに最大で30日分の情報がローカル保存されます

Apple WatchがiPhoneにデータを同期させる場合、バックアップとはなにか?

Apple WatchからiPhoneに設定データを同期すると、iPhoneバックアップのランダムなフリーフローティングパッケージだけでなく、このデータは特別にラベル付けされたApple Watchコンテナに入れられます

その結果、Apple Watch のペアリングを解除して再ペアリングする必要がある場合、または新しい Apple Watch にアップグレードする必要がある場合は、そのデータを使用して以前の状態に復元できます

なので、Apple Watchの情報にアクセスしたい場合は、ペアリングした元のiPhone、または古いiPhoneのバックアップから復元された新しいiPhoneが必要で、iCloudから直接復元することはできません

スポンサーリンク

Apple Watch を手動でバックアップする方法

Apple Watchのアプリには、Apple Watchを手動で同期するための「バックアップ」ボタンはありません

しかし、新しいApple Watchにアップグレードする、または新しいiPhoneに切り替える場合、最後のデータが同期されていることを確認したい場合は、Apple WatchとiPhoneの両方が接続されているときにApple Watchのペアリングを解除することで、同期を取ることができます

このプロセスは、Apple Watchを工場出荷時のデフォルトに消去する前に、iPhoneとの最後の同期をトリガーします

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)