IDC、AppleのwatchOSはスマートウェアラブルオペレーティングシステムを引き続き支配する

IDC、AppleのwatchOSはスマートウェアラブルオペレーティングシステムを引き続き支配する

International Data Corporation(IDC)によると、ウェアラブルデバイスの 全世界での出荷台数は、2018年には1億2,030万台に達し、2017年から8.5%増加すると予測されています

watchOS

スマートウェアラブルOSの中でも、他のプラットフォームが牽引力を増すにつれてシェアは2018年の44.4%から2022年には35.8%に低下するが、AppleのwatchOSは引き続き堅調に推移するとIDCは予測していいます
WatchOS Shipping 00001

IDCによると、新興市場におけるスマートウォッチの普及とウェアラブル採用の拡大により、5年間の複合年率成長率(CAGR)が11.0%に達し、2022年の出荷量は1億8,990万台に増加すると予測されています

スポンサーリンク


IDCのモバイルデバイストラッカーのシニアリサーチアナリスト、Jitesh Ubrani氏は、次のように述べています「基本的なウェアラブルからスマートウェアラブルへの移行は、今後5年間継続します、スマートなウェアラブルの登場は、成熟した市場だけでなく、アジア太平洋地域などの新興市場からも生まれると予想されます、スマートウェアラブルの3分の1以上を消費するなど、日本も同様に重要な役割を果たすだろう」

IDCは、2022年に第2位のOSがAndroidで22.4%のシェアを占めると予想しています

オープンソースプラットフォームは差別化を図りながらウェアラブルの体験をカスタマイズする機会を提供します、Googleのサービスが中国で禁止されているため、多くの地元ブランドがこの戦略を採用しており、IDCはこれらのデバイスの普及が多くの近隣諸国でも続くことを予測しています

このWearOSは2022年に19.8%のシェアを獲得すると予測しています

(Via AppleWorld.Today.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)