AppleのM2チップは、日常的なタスクにおいて想像以上に速い

AppleのM2チップは、日常的なタスクにおいて想像以上に速い

Apple Silicon M2

David Heinemeier Hanson(@dhh)は最近、ブラウザの速度を測定するSpeedometer 2.0の結果をツイートしました彼によると、M2はM1より33%速く、4.2GHzのCore i7 CPUを搭載したiMacよりも2.5倍速いことが分かりました

Google Chrome(バージョン99)とSafari Technology Preview 15.4(Release 141)が300あるいはそれに近いスコアを記録したことを3月に報告しているだけに、400というスコアは非常に印象的なものです

実際、この400というスコアは、この300から33%も向上しているのです

スポンサーリンク


Heinemeier HansonのツイートとMacworldの前回のテストを念頭に置いて、ブラウザがMacアプリケーションの中でもっとも頻繁に使われているものであることを考慮して、SpeedometerをM2や他のブラウザで試してみて何が起こるかをMacworldが確認しています

テスト方法

Speedometerブラウザベンチマークは、AppleのWebKitチームによって作成され、Webベースのアプリケーションを使用し、ユーザーのアクションをシミュレートしています

このベンチマークは、それらのアクションに対するブラウザの応答性を測定し、パフォーマンススコアを作成します、スコアが高いほど、パフォーマンスが優れていることを意味します

Speedometer 2.0は、Safari 15.6、Chrome 104、Safari Technology Preview (Release 150)で動作させてみました。ハードウェアは、以下のチップとMacを使用

M2 Speed test 001

Safari 15.6をテスト

M2はM1に比べて18パーセントの向上しました、これはHeinemeier Hanson氏のツイートの半分強ですが、彼はM2を明言されていないM1のスコアと比較しています、先ほども指摘したように、33%増ということは、M1が300点を記録したことになります

M2 Speed test 002
テスト結果は3回の試行の平均値で、M2では正確な400は出ませんでしたが、そのすぐ上の平均値を出し、実際に一つのテストでは408を出した試行もありました

テストでは、M2がM1 Proよりも11%向上していることがわかりました

スポンサーリンク

Chrome 104を使ったテスト

M2はM1に比べて9%向上しました。スピードメーターはAppleが設計したテストであり、今回のChromeの結果と関係があるのかもしれません

M2 Speed test 003
このテストの結果、もう一つ興味深いのは、Googleが3月に自慢していたChromeのスピードの優位性がなくなったことです、繰り返しますが、SpeedometerはAppleが作成したテストなので、Safariが有利なのです

M2では、SafariはChromeよりも18パーセント速く、Safari Technology Previewを使えばさらに速くなります

Safari Technology Previewを使ったテスト

Safari Technology Previewは、Appleが新機能をテストするために一般に公開しているブラウザのベータ版です

M2 Speed test 004
M2では平均420という驚異的なスコアを記録し、実際に試したうちの1つは425を記録しました、この420というスコアは、M1のSafari Technology Previewと比較して18%向上しています

M2のSafariはかなり高速で、普段どれほどインターネットを利用しているかを考えると、あらゆる最適化が重要です

しかし、結局のところ、ブラウザの速度は関係なく、接続の速さによって体験が左右されるのです

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)