Apple M 2チップの「激しい」サーマルスロットリングがMacBook Airのパフォーマンスに疑問を投げかける

Apple M 2チップの「激しい」サーマルスロットリングがMacBook Airのパフォーマンスに疑問を投げかける

発売されたばかりのMacBook Proは、Appleの新しいM2プロセッサーを搭載していて、全体的にパフォーマンスは良いのですが、特定の条件下ではファン1つだけでは「深刻な」サーマルスロットリングを止めることができないことがデバイスのテストでわかりました

新しく発売されるMacBook AirもM2チップを使っていますが、ファンはありません、どの程度の温度調整が起こるかはまだわかっていいませんが、かなりの量になる可能性があります

サーマルスロットリングとM2 MacBook Pro

Macのプロセッサの多くは、長時間にわたって負荷の高い作業を要求されると熱くなります、このとき、チップは過熱を防ぐために速度を落としますが、これをサーマルスロットリングと呼びます

新しいMBPに搭載されたM2チップは、強い負荷がかかるとその傾向があると言われています、YouTubeチャンネルのMax Techがこのノートブックをテストし、ホストのVadim Yuryev氏がTwitterで “Appleの新しいM2 MacBook Proで深刻なサーマルスロットリングを発見”と報告しています


Macに対して行われたあるテストでは、プロセッサは 108℃のピークに達しました、このため、チップに損傷を与えるリスクがないように、温度を下げるためにM2をスロットルすることを余儀なくされました、キーボードは41℃に達しました
スポンサーリンク


はっきりさせておきたいのは、M2 MacBook Proでは激しいサーマルスロットリングは非常に高い要求があった場合だけで、一般的ではないということです

「これは、私たちが行っている実環境でのビデオ編集テストの中で最も要求の厳しいものです」とYuryev氏は指摘しています

通常の条件下でのテストでは、M2はM1よりもパフォーマンスが向上しています、Engadgetが行ったプロセッサーのベンチマークは、Geekbench 5マルチコア・テストで8,984のスコアを示し、これは同じテストで2020年のM1 MacBook Proのオリジナルより25%速い

2022年のMacBook AirはMBPのように強力ではない

7月に発売されるMacBook Airは、MBPと同じM2プロセッサを採用しています、しかし、そのスマートなデザインはファンレスのため、状況によっては動作が遅くなる可能性が高いと言えます

MacBook Proのチップが過熱し始めると、ファンで冷却して動き続けることができますが、MacBook Airにはこのオプションはありません

スポンサーリンク


代わりにM2の性能を下げなければならないのです。このため、Airはプロセッサに長時間にわたって重い負荷をかけるような作業にはほぼ確実に不向きです

とはいえ、MacBook Airシリーズはノートブックに最高級の性能を求める人たちのためにつくられたものではありません、そのためにあるのが、M1 ProやM1 Maxを搭載したMacBook Proモデルなのです

Max Techのテストでは、M2はWebブラウジングに優れており、電子メールやワープロなど、MacBook Airを購入すべき基本的な作業に問題がないことが示されています

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)