M1 MacのSSDの寿命についてどの程度心配する必要があるのか

M1 MacのSSDの寿命についてどの程度心配する必要があるのか

最近の報告によると、M1 Macの一部のユーザーは、SSDの不合理で過度の使用を経験していることがわかっています、これはかなりの量で、ほとんどがメインメモリをSSDに交換したことによるものです

SSDの寿命が限られているのは事実ですが、そのSSDをどれだけ長持ちさせるかは、ユーザーのMacの使い方次第です

SSDの寿命

SSDについての一般的な誤解は、あまり長持ちしないというものです、これはSSDの初期の頃、SSDに使われているNAND型フラッシュメモリの寿命が非常に過小評価されていたため、比較的少ない使用量でドライブが終了してしまうことが多かったことが原因です

結果的には、NANDの故障ではなく、コントローラのロックが原因だったのです、読み込みでNANDを消耗させてはいけません

MacBook Air M1 00002

Samsungの980 Proは、典型的なエンドユーザー向けのSSDで、1TBの容量に対して600TBWの「定格」となっています

ベンダーの評価としては、ソリッドステートストレージに使用される統計が圧倒的に多く、TBW、つまりドライブの寿命までに書き込まれる可能性のあるTeraBytesの数です、一般的にエンドユーザー向けのドライブでは、1TBの容量に対して約600TBWの評価となっています、TBWの評価については、特に正確ではないということです

TBW定格は、ベンダーが保証できると判断した書き込み量を示しており、その価格で利益を得ることができます、SSDのTBW定格も同じで、最大限に保守的な責任と利益の計算式になっています、これはコントローラやドライブにもよりますが、データを失う危険性はほとんどありません、データをコピーしてSSDを交換すればよいのですから

スポンサーリンク

M1 Macに関連して

Appleは技術的な詳細について口を閉ざしていることで有名であり、M1 Macに搭載されているSSDに関するTBW評価やその他のデータを提供していません

もしAppleが一般的な慣習に従っているのであれば、M1 Macに搭載されている256GBのSSDの定格は150TBWになると思われます

平均的なユーザーは、保証期間がはるかに短いにもかかわらず、SSDから15年以上の寿命を得られるはずです

つまり、8GB/256GBのM1 Macと同じペースでSSDの寿命が4年から8年近く続くことになります、ドライブのSMART機能は、一般的にTBW定格に対する使用量の割合を報告するので、この定格寿命と実際の寿命の関係式を適用することもできます

2014年にThe Tech Report誌は、一部の256GBドライブがほぼ1ペタバイト相当の書き込みが可能であることを発見しました

これらのドライブには、今日の一般的な3ビット/TLCではなく、より古くて長寿命の1ビット/SLC NANDが使用されていました、なお、どんな種類のNANDでも、セル数の少ないNANDとして扱えば、寿命を延ばすことができます、AppleはTLCをMLCとして扱っているのかもしれないし、完全にMLCを使っているのかもしれません

スポンサーリンク

グレーゾーン

完全には明らかになっていないのは、ワークロード、メモリ、およびmacOSがSSDにスワップする量の関係です

これは、負荷の高いクリエイティブな作業や、メモリを大量に消費するプログラムを一度に開いている場合に起こります、これでわかったことは、macOSはSSDをかなり酷使し、メモリが少なければ少ないほど酷使するということです、Appleは、ユーザーがその時だと感じる前に、製品を時代遅れにしてしまうことで知られています

M1 MacBook Pro 00001

しかし、従来の方法で購入すれば、希望する寿命を得ることができると思います、一般的な用途や作業量であれば、8GBのメモリと256GBのSSDで十分です、重い用途には、16GBのメモリと512GBのSSDが望ましいでしょう

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)