OLEDは2022年にiPadのTFT画面に取って代わる可能性がある

OLEDは2022年にiPadのTFT画面に取って代わる可能性がある

サプライチェーンの報道によると、Appleは有機ELディスプレイを搭載するiPadを発表する可能性があり、同ディスプレイ技術を採用した新モデルが2022年に登場すると考えられています

Mini-LEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proの登場は、スクリーンを搭載した他のApple製品にも変化が起こることを示唆しています、あるレポートによると、これには、OLEDの使用をiPhoneシリーズから他の製品群に拡大することも含まれます

ディスプレイ業界の匿名情報筋がETNewsに語ったところによると、Appleは2022年以降、有機ELディスプレイを搭載したiPadを発売する準備を進めています、Appleはまた、iPadシリーズ用のパネルを供給することでディスプレイメーカーと合意したとされています

これが本当なら、iPhone 12やiPhone 12 Proと同じディスプレイを搭載するiPadシリーズとしては初めての動きとなります、現在Appleは、最新の12.9インチiPad Proを除く現行のiPadモデルすべてにTFT液晶ディスプレイを使用しています

スポンサーリンク


OLED iPadが将来登場すると主張しているのは、この報道だけではありません、あるアウトレットのサプライチェーン関係者は3月、最初のOLED iPadは2022年初めに出荷され、新しい10.9インチモデルになると述べています

2020年11月の別の報道では、有機ELディスプレイを搭載したiPadが2021年後半に登場する可能性があると予測されていました

しかし、Appleが12.9インチのiPad ProでMini-LEDバックライトの採用に成功したことで、Appleが使用中のコア技術を変更するよりも、他のディスプレイでこの技術を使用する可能性が高くなったようです

AppleにとってMini-LEDは、OLEDレベルの輝度とコントラストを、より安価に実現することができます

既存のTFTディスプレイシステムを再利用し、バックライトシステムのみをMini-LEDに変更することで、同様の改善を実現しながら、より安価な代替技術となる可能性があります

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)