Adobe、Photoshop for iPadの機能ロードマップを発表

Adobe、Photoshop for iPadの機能ロードマップを発表

Photoshop for iPad

Adobeは今月初めにPhotoshop for iPadの最初のバージョンをリリースしました

本日公開された新しいブログ投稿で、Adobeは、今後Photoshop for iPadに搭載される予定の機能について詳しく説明しています

2019年に登場する機能

  • iOS上のすべてのAdobe Fontsにアクセスします
  • Photoshop for iPad Update 00002 z

  • Select Subjectは、Adobe Sensei AI機械学習テクノロジーを使用して、画像の件名を自動的に選択し、複雑な選択をスピードアップできるようにします
  • Photoshop for iPad Update 00003 z

  • 新しいクラウドドキュメントシステムは、iPad上のPhotoshopとデスクトップ間でドキュメントを保存して、デバイス間でシームレスに作業できるようにします

スポンサーリンク

2020年前半に登場する機能

  • エッジを絞り込み
  • Photoshop for iPad Update 00004 z
    髪や毛などの難しい被写体で複雑なソフトエッジを選択したり、ソフトエッジとハードエッジの両方を混ぜ合わせたオブジェクトを完全に選択したり、その他の多くのトリッキーな選択操作に使用します

  • 曲線と調整レイヤーのオプション
  • トーン調整用の曲線を追加することでアプリのレタッチ機能をさらに深め、非破壊的なワークフローを強化するために調整レイヤーを構築

  • ブラシの感度とキャンバスの回転</li>
    新しいAdobe Frescoアプリで驚くほどのブラシ感度、キャンバスを回転させて、あらゆる角度に完璧に配置、などのユニークなタッチとモバイル最適化をiPadのPhotoshopに継続的に提供

  • Lightroomの統合
  • iPadのLightroomプレミアムで生画像を処理し、このデバイス専用に設計されたワークフローを使用してPhotoshopでさらに処理することができる











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)