iPhone 14 ProとiPhone 14 Proの最大寸法がリーク、カメラの厚みが増すことが判明

iPhone 14 ProとiPhone 14 Proの最大寸法がリーク、カメラの厚みが増すことが判明

先週、iPhone 14とiPhone 14 ProのCADレンダリング画像がリークされました,、これらは、このデバイスがどのような外観を持つかについての手がかりを与えてくれました

今回、寸法が記載された概略図がネット上に公開され、次期iPhone 14モデルと現世代のiPhone 13シリーズを比較することができるようになりました

iPhone 14 Pro Maxの寸法図

Android Policeのライター、Max Weinbach氏がTwitterで模式図を公開しました

幅77.58mmのiPhone 14 Pro Maxは、幅78.1mmのiPhone 13 Pro Maxよりも幅の狭いスマートフォンになる可能性があるとのことです

IPhone 14 Pro Max 0323 001
スマホの高さは同等で、高さの差は感じられない程度になります、iPhone 14 Pro Maxの高さは160.7mm、iPhone 13 Pro Maxの高さは160.8mmと言われています

しかし、iPhone 14 Pro Maxは、現行世代モデルよりも0.2mm厚くなると噂されています、この増加分のほとんどは、カメラのバンプが厚くなったことに起因すると思われます

注目すべきは、AppleがiPhone 12からiPhone 13にかけてカメラバンプを厚くしたことであり、iPhone 14シリーズでもこの傾向を繰り返す可能性があります


Appleのアクセサリーメーカー向けガイドラインにも、必要な寸法がすべて記載されています、それによると、iPhone 13のカメラバンプは3.6mm突出しています、Weinbach氏が共有した図面では、iPhone 14 Pro Maxのカメラバンプは4.17mm突出していることが示唆されています

iPhone 14 Pro Maxのカメラバンプの他の寸法も、約5%増加する設定になっています

iPhone 14 Proの寸法

Weinbach氏は、iPhone 14 Proモデルの回路図と可能な寸法も公開しました、この数字から、iPhone 14 ProはiPhone 13 Proと同じになることが示唆されます

IPhone 14 Pro 0323 001
新しいデバイスは、iPhone 13 Proよりもわずか0.05mm狭くなるようです、一方、高さは変更されません

iPhone 14 Proはまた、より高価なiPhone 14 Pro Maxから借用した同じ厚さのカメラバンプを備えています

(Via iPhone Hacks.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)