iWorkのアップデートにより、Pages、Numbers、Keynoteで手書きや本の作成などが可能に

iWorkのアップデートにより、Pages、Numbers、Keynoteで手書きや本の作成などが可能に

Apple Pencilへの対応により、iPadでの文書、スプレッドシート、プレゼンテーションの作成がさらにクリエイティブに

Appleは、Pages、Numbers、Keynoteを含む仕事効率化アプリケーションのiWorkをアップデートし、新機能を追加しました。この新機能により、これまでよりもさらにクリエイティブな文書、スプレッドシート、プレゼンテーションをiPadで簡単に作成することができます

Pages、Numbers、Keynoteアプリケーションでは初めて、Apple Pencilで直接、描画やスケッチをしたり文字を書いたりすることができるようになります
先進的でありながら使いやすいツールとApple Pencilを組み合わせることで、生徒からプロフェッショナルまで、絵、イラスト、図表などを用いた訴求力のある文書をつくることができるようになります

Apple Pencilを使うと、どのような絵にもカラーやテクスチャなどを簡単かつ正確に追加できます
New iPad 0328 001

スポンサーリンク


本日ベータ版としてリリースされたスマートアノテーションは、Pagesの革新的な新しいツールです

ユーザはApple Pencilを使って、文書内でのフィードバックのやり取りや反映を簡単にできるようになりました、スマートアノテーションを使用すると、コメントや校正がテキストに動的に付加されます

ユーザがフィードバックを取り入れて文書を変更しても、元のテキストに追加されたアノテーションは連動してテキストの同じ位置に残ります

iOSおよびmacOSのためのPagesで本の作成が可能になりました、短いストーリーや旅行記など、だれでも簡単に、楽しくてインタラクティブなデジタルブックを作成できます
様々なテンプレートを使って本の作成を開始し、iWorkの新しい描画ツールを使って図を描いたり、写真ライブラリのイメージギャラリーやビデオを使ってブックをカスタマイズすることもできます

また、iPad、iPhone、Mac、およびiCloud.com上で、クラスメートや同僚とリアルタイムに共同制作することができます。制作したブックは共有することができ、iBooksで美しく表示されます

2018 03 28 09 13 58

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)