iPhone X、2017年第4四半期の出荷台数は3,000~3,500万台に達する見込み

iPhone X、2017年第4四半期の出荷台数は3,000~3,500万台に達する見込み

DigiTimesは、iPhone Xの出荷台数は、2017年の第4四半期に3,000~3,500万台に達し、2018年の第1四半期にはわずかに落ち込むと報告しています

情報筋によると、台湾、米国、シンガポールなど、多くの市場でiPhone Xの先行予約が期待通りには進まないと指摘したが、Apple Watchの販売料金はかなり上がっている。Apple Watchの出荷台数は、2018年には2,700万台に達し、前回の予測である2,300〜2,500万台を上回る見込みです

しかし、日本など一部の市場では、iPhone Xは引き続きタイトな供給を受けていると報告されています

スポンサーリンク


Appleは2018年に3つの新しいスマートフォンを計画しており、OLEDディスプレイと1つのLCDディスプレイを使用する2つの新しいスマートフォンを計画しており、3D検出機能はこれらのデバイスでより広く使用される可能性があるという噂がされています

Appleはまた、2018年初頭にiPhoneデバイスの価格を調整すると噂されており、5G以前の機能をサポートするプロトタイプiPhoneの準備を開始しています

(Via DigiTimes.)


この記事では、日本でのいPhone Xの供給はタイトとされていますが、Apple Storeでは本日の受取が可能となっており、Online Storeでも「お届け予定日が12月25日」となっています


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)