マウスポインタが新しいMacBook Proのノッチに対応する仕組み

マウスポインタが新しいMacBook Proのノッチに対応する仕組み

新しい14インチと16インチのMacBook Proはどちらもノッチがあり、Macとしては初めてのことです

Macにノッチがなかったことを考えると、macOSがノッチをどのように処理するのか、より具体的にはマウスポインタがどのように処理するのかについていくつかの疑問があります

マウスポインタがノッチをどのように処理するかという問題は、新型MacBook Proの発表から、TwitterやRedditで浮上していました

Redditに投稿されたアニメーションには、2つの主な可能性が示されています

  • 1つは、マウスポインタがノッチの後ろに移動するもので、ユーザーには見えません
  • もう1つのオプションは、ノッチの周りを移動するマウスポインタを表示します

新しいMacBook Proは来週発売される予定ですが、ありがたいことに、回答が得られるまでそれほど待つ必要はありません

スポンサーリンク


AppleのデザイナーであるLinda Dong氏はTwitterで、macOSのポインタがノッチの後ろに移動することを確認しました

この動作は便利で、ノッチをマウスポインタの隠れ場所にします、たとえば、ビデオを見ているときにマウスポインタを簡単に非表示にしたい場合などに便利です

Appleは、日常的に使用するほとんどの顧客にとってノッチが迷惑にならないよう対策を講じています

macOSアプリがフルスクリーンモードになっている場合、Appleはディスプレイ上部に人工的な黒いバーを追加して、ノッチを非表示にします、しかしデベロッパーは、ノッチを含めた画面全体をアプリがフルに利用できるようにすることもできます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)