Appleの140W電源アダプタは、同社初のGaN充電器で、USB-C Power Delivery 3.1をサポート

Appleの140W電源アダプタは、同社初のGaN充電器で、USB-C Power Delivery 3.1をサポート

新しい16インチMacBook Proの電源として新しいMagSafe充電ケーブルと連動するAppleの新しい140W電源アダプタは、USB-C Power Delivery 3.1規格を採用していることをAppleがThe Vergeに認めました

新しい16インチMacBook Proに同梱されているだけでなく、この電源アダプタは10,800円で個別に販売されています(5,280円の追加料金がかかるUSB-C-MagSafeケーブルは含まれていません)、一方、新しい14インチのMacBook Proには、モデルによって67Wと96Wの電源アダプタが付属しています

140W charger 002

USB-C PD 3.1規格を採用したことは、同じ電力供給規格を採用している他の機器との相互互換性があることを意味し、この規格は、USB Type-C Release 2.1と並んで今年初めに発表されたものです

これまでのUSB-CノートPC用急速充電器の中には、100W(USB-C Power Delivery仕様の従来の上限)を超える充電速度を実現するために、規格外の製品を使用しなければならなかったものもありましたが、今回はそのようなことはありません

スポンサーリンク


USB-C PD 3.1規格の採用だけでなく、Appleはこの電源アダプタが初の窒化ガリウム(GaN)充電器であることも解っています、これは、従来の充電器よりも小型で高出力の充電器を製造できる素材を使用していることを意味します

電源アダプタの仕様に加えて、Appleは、新しいMacBookのThunderbolt 4ポートのいずれもがラップトップの充電に使用できることも確認しています

14インチのMacBook Proでは、これらのポートを使って急速充電を行うことができますが、16インチのMacBook Proを急速充電するには、MagSafe 3と140Wのアダプターを使用する必要があります

これは、Thunderbolt 4がUSB-C PD 3.1規格よりも前に開発され、最高出力が100Wであるためです

それ以下のワット数の充電器でもMacBookに電力を供給することはできますが、Appleによると、充電速度が遅くなったり、供給される電力よりもノートパソコンが多くの電力を使用している場合には、電力の消耗が激しくなる可能性があるとのことです

また、MagSafe 3のコネクタに使用されている磁石は、前世代よりも強力になっているとのことです

(Via The Verge.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)