2022年のMacに搭載されるM2チップの速度はどの程度向上するのか?A15から予測すると

2022年のMacに搭載されるM2チップの速度はどの程度向上するのか?A15から予測すると

2020年秋に最初のM1ベースのMacが発売されたとき、コンピュータ市場全体を揺るがしたといっても過言ではありません

AppleはA14の基本アーキテクチャをウルトラポータブルノートパソコンレベルにスケールアップし、前世代と比較して「驚異的な」改善と呼んだもので競合他社を圧倒しました

2021年のM1 ProとM1 Maxで、Appleはアーキテクチャを、さらに高性能ノートPCへと拡大し、再び他のすべてのプロセッサと比較される存在となりました

A14がM1であると同様に、A15はM2である

M1は、A14の基本アーキテクチャをベースに、高性能CPUコアとGPUコアを倍増し、スケールアップしたものです

M2の特徴と性能を予測するにあたっては、A15と同様のパターン、すなわち同じアーキテクチャに2倍の高性能コアとGPUコアを搭載することを前提にし、M2の構成に関する噂と一致するように、2倍の10コアを搭載した場合の性能を予想します

M2 Maxは、M1からM1 Maxと同じスケールアップを想定しています

スポンサーリンク

製造プロセスの改善

数字に触れる前に、M2はTSMCのN4Pプロセスで製造される見込みであることを述べておきます。これがクロックの向上につながるのか、バッテリーライフの向上につながるのか、あるいはその両方なのか、実際のところはわかっていません

製造プロセスの改善による性能向上は、現実的に数値化することができないため、今回の性能予測には織り込んでいません

M2およびM2 MaxのCPU推定値

まず、A15がA14よりもどれだけ高速であるかを確認することから始めました、A14は、同様の4つの効率と2つのパフォーマンスのCPUコア構成を備えていますが、アーキテクチャがいくつか改善されています

全体として、A15のシングルコアパフォーマンスはA14よりも約7%高くなっています
M2 Speed 001a
マルチコアスコアは、同じコア構成にもかかわらず、20%とはるかに高くなっています、 M1とM1Maxのスコアを取得し、同じパフォーマンスブーストを追加すると、いくつかの印象的な数値が得られます
M2 Speed 001b

スポンサーリンク


シングルコアのパフォーマンスは、Geekbench 5で1,800を超える可能性があります、これは、Intelの次期Core i9 AlderLake高性能ラップトップチップと同等です
M2 Speed 001c
非常に興味深いものになる可能性があるのはマルチコアスコアです、噂によると、M2はM1と同じ4効率、4パフォーマンスのレイアウトになりますが、M2 MaxはM1 Maxのように4つの効率コアと8つのパフォーマンスコアを備えています
M2 Speed 001d
これにより、M2のスコアが9,000をわずかに下回る可能性があります、これは、MacBookAirのようなウルトラポータブルノートパソコンにとっては素晴らしいスコアです

しかし、M2 Maxのスコアが14,000をはるかに超えると、14コアを搭載したIntelの最速のAlder Lake Corei9よりも優れたものになります

M2およびM2 Maxのグラフィックス推定値

CPUの予測同様、M2のグラフィックス性能は、A14からA15への性能アップを単純に見て、M1からM2へのアップも同じと仮定して試算し、A15はA14よりもGPUコアが25%増えていますが、この追加コアはiPhone 13 Proの携帯電話でのみ有効です

噂では、M2は最大8個のGPUコアから10個に、M2 Maxは32個から40個になり、この比率は維持されると言われています
M2 Speed 002a
3DMarkのSling Shotベンチマークは少し古いものですが、よりシンプルで古いグラフィックス技術を実行したときにGPUがどの程度の性能を発揮するかを示す指標として、今でもそれなりに有用です

A15はA14より24パーセント高速です。いくつかのアーキテクチャの改善とともに、コアを最大25%増やすことができます
M2 Speed 002b

スポンサーリンク


残念ながら、Sling Shotテストはモバイルプラットフォームでのみ利用可能です、つまり、このチップはMacBookにしか搭載されていないため、M1 Maxでテストすることはできません

しかし、M1はiPad Proに搭載されているため、M1でこの便利だがやや老朽化したベンチマークを実行し、M2で10,000を超えるスコアが出るかもしれないと推測することができ、これは他の最新タブレットを容易に凌駕するものでしょう

より最新のクロスプラットフォームテストは、3DMarkの新しいWildLifeです、このテストの最も過酷なバージョンでは、A15はA14よりも30パーセント高速です
M2 Speed 002c
M2とM2Maxにスケールアップすると、パフォーマンスの低いチップでは6,000以上、Appleの最も強力なプロセッサでは26,000以上が期待できます

後者のスコアは、GeForce GTX 3070のモバイル版にかなり近いので、注目すべきです
M2 Speed 002d
このような性能の向上により、M2 Max はかなりハイエンドのモバイル用ディスクリート GPUと肩を並べることになりますが、それでも最高級のデスクトップ GPUの半分の性能にも及びません

さらに重要なのは、AMDやNvidiaの本格的なハイエンドGPUは、ハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシングを備えていますが、AppleのGPUには今のところそれがないことです、このような機能のサポートは遅かれ早かれ実現しなければならないと思いますが、おそらくM2ラインには搭載されないでしょう

その他の検討事項 ニューラルエンジン、ビデオエンコーダー、メモリー

CPUとGPUは数値化しやすいですが、Appleのシステムオンチップにおいて重要な部分はそれだけではありません

RAMはもちろん非常に重要で、性能と電力効率の適切な組み合わせを提供する高速のLPDDR5が、これらのチップで再び大きく取り上げられると予想されます

Neural Engineは、機械学習やAIタスクを加速するために設計されたカスタムプロセッサブロックで、A15はA14と同様に16コアのNeural Engineを搭載していますが、より効率的に設計し直され、毎秒40%以上多くの演算を実行できるようになっています

A15は、ビデオのデコードとエンコードを高速化する、改良されたビデオ処理エンジンを備えています、M1とM1 Proは1つ、M1 Maxは2つ搭載しています

M2とM2 Proには1基、M2 Maxには2基の改良型ビデオエンジンが搭載されているのです、Macは映像制作マシンとして使われることが多いので、ここでもさらなる進化が期待されます

スポンサーリンク

全体的な期待

M2が何か大きなアーキテクチャの変革になるかもしれないと考えるとワクワクしますが、M1がA14から派生したのと全く同じように、A15の技術を継承する可能性が高いです

もしかしたらAppleは今後、MacのシリコンをさらにAシリーズのアーキテクチャから乖離させるかもしれませんが、第2世代チップでは「A15がまったく同じようにスケールアップする」というのが最も可能性の高いシナリオと言えます

しかし、一般論として、CPU性能は約20%向上し 、コアの追加によりGPU性能は約30%向上すると考えるのが妥当です

Appleはバッテリー駆動時間を犠牲にすることはめったにないので、M2チップを搭載した同様のラップトップは、この素晴らしい性能向上を実現しながら、バッテリー駆動時間は同じかそれ以上になると予想されます

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)