iPadは、全世界のタブレットマーケットシェアで27%を占める

iPadは、全世界のタブレットマーケットシェアで27%を占める

2019年Q1のタブレットマーケットは前年比マイナス

Strategy Analyticsの最新の調査では、激しい価格競争が多くのAndroidタブレットベンダーに大きな圧力をかけていることが示されていますが、Appleのようないくつかの企業は2019年第1四半期に他を大きく上回りました

Apple、Huawei、Amazon、Microsoftはそれぞれ、他の市場が勢いをつかむのに苦労しているため、それぞれの利点を押し出し、マーケットシェアを獲得する方法を見つけました

世界のタブレットマーケットは、2019年第1四半期に前年比で5%減少しました
Global Tablet Shipment 00001 z

スポンサーリンク

iPadのマーケットシェアは27%

シニアリサーチアナリストのChirag Upadhyay氏は、Appleは3つのiPad Proモデルでプレミアム価格帯で強力に競合していると述べています

アナリストのEric Sith氏は、Apple iOSの出荷台数は2019年第1四半期に前年同期比9%増の990万台となり、世界のタブレットマーケットのシェアをの27%に押し上げたと述べています

Appleは、前年比でマーケットシェアを3ポイント増やしました、新しいiPad Proは今四半期、勢いを増し、平均販売価格(ASP)は2018年第1四半期の451ドルから今四半期は490ドルに上昇しました

またSith氏は、「iPad ProとMacBook Airを同時にリフレッシュすることで、さまざまなコンピューティングソリューションを使用してさまざまなユーザーベースをターゲットにするというAppleの戦略が生まれました、学校ではPCやタブレットをさまざまな用途に使用できるため、教育は依然としてAppleにとって良い機会です」と述べています

(Via Strategy Analytics.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)