Apple Pay 担当VPがiPhone NFCを再び素晴らしいものにする計画を明らかに

Apple Pay 担当VPがiPhone NFCを再び素晴らしいものにする計画を明らかに

Appleのインターネットサービス担当副社長、Jennifer Bailey氏は最近、Appleが米国の小売業者と協力して、iPhoneユーザーがiOSスマートフォンでNFCを使用して小売業者のロイヤルティプログラムに簡単に登録できるようにしたことを認めました

iPhone NFCを再び素晴らしいものに

Bailey氏は、Payments Sourceによって報告されたETAのTRANSACT業界イベントで行われた彼女の基調講演でこの情報を公開しました

Bailey氏は、Dairy Queen、Bonobos、Panera Bread、Yogurtland、Jimmy JohnのGourmet Sandwiches、Dave&Buster’s、Caribou Coffee plus Bird、PayByPhoneなどの小売業者はすべて、新しいサービスのためにAppleのコアNFCタグ読み取り機能を使用する試験計画に取り組んでいると語りました

小売業者は、トラフィックメーターでのワイヤレスカード支払いや、顧客が店で商品を試して後で家に出荷するために注文できるようにする店舗内のNFCタグなど、他の方法で技術を展開しています

スポンサーリンク

Apple Payベースの取引は2019年に100億件

Bailey氏は、Apple Cardは「変革」すると予測し、今年100億件のApple Payベースの取引が行われ、米国の加盟店の70%が年末までにApple Payを受け入れると約束しました




また、Apple Walletが支払い、トランジット、アクセス、ID、チケット、ロイヤルティスキーム、およびApple Pay Cashについて提供するサービスについても話しました

これにより、Panera Breadの取引の30%がすでにデジタルであることが明らかになりました

彼女はまた、Apple Payタイプの取引が約5年以内にカードベースの支払いを上回るだろうと予測しました

Apple Walletは、顧客ロイヤルティプログラムカード、非接触型学生証カード、および公共交通機関の支払いシステムをサポートしています

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)