2024年のOLED iPad Proは、コストのかかるパネル製造プロセスにより、より高価になる予定

2024年のOLED iPad Proは、コストのかかるパネル製造プロセスにより、より高価になる予定

The Elecの報道によると、Appleの次期OLED搭載iPad Proモデルは、新しい製造プロセスにコストがかかるため、同程度のサイズの既存のOLEDデバイスよりも大幅に高価になる可能性が高いそうです

Appleは、液晶ディスプレイではなくOLEDディスプレイを採用した11.1インチと13インチの新型「iPad Pro」を発売すると広く予想されており、材料費の最大の割合を占めるのはパネル調達となります

Appleは現在、パネルの供給価格についてSamsungやLG Displayと協議しているとみられており、その仕様では、必要なサイズのOLEDパネルにこれまで組み合わせられていなかった生産プロセスを使用する必要があります

新しいiPadに必要な新しい製造プロセスの1つは、2つの発光層を持つ2重積層タンデム構造の使用です

スポンサーリンク


これにより、輝度が倍増し、OLEDディスプレイの寿命が4倍になります

AppleがiPadに2重積層パネルを必要とする理由は、タブレットがより長時間使用されるためです、もう1つのプロセスは、低温ポリ結晶酸化物(LTPO)薄膜トランジスタ(TFT)の使用で、電力効率を高め、最後に有機ELガラス基板とフレキシブル有機EL薄膜封止を組み合わせたハイブリッドOLED構造で、パネル全体の薄型化を実現します

既存の10インチデバイスのOLEDパネルの供給価格は100ドルから150ドル程度であるのに対し、Appleが求める11.1インチと13インチのパネルを作るためのプロセスの出費はそれぞれ270ドル、350ドルに近いとのことです

このレポートでは、Appleがこれらの材料費の少なくとも一部を消費者に転嫁する可能性が高く、それが小売価格の大幅な上昇に反映されるだろうと指摘しています

現在、LED Liquid Retinaディスプレイを搭載した11インチiPad Proは799ドルから、ミニLED Liquid Retina XDRディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proは1,099ドルからとなっています

スポンサーリンク


この報道によると、LG Displayは11.1インチと13インチのiPad用有機ELパネルを開発しているのに対し、Samsungは11.1インチモデルのみを開発していますが、生産要件によっては両方のタイプを開発することになる可能性もあるとのことです

関連する動きとして、Samsungは第8世代のOLED生産ラインへの投資を決定したと伝えられており、第6世代のラインで製造されたパネルと比較して「理論上」低コストのパネルが製造されるはずです

来年発売されるOLED iPad Proのパネルは第6世代のラインで製造される予定ですが、Appleが今後発売するOLED MacBookのパネルは第8世代のラインで製造される可能性が高いとのことです

(Via MacRumors.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)