Apple、いくつかのウェアラブルARプロトタイプをテスト中

Apple、いくつかのウェアラブルARプロトタイプをテスト中

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Appleは新しいレポートによると、着用可能な拡張現実感技術のいくつかの異なるバリエーションとプロトタイプをテストして、最善の方法を見つけようとしている

Financial Times紙が引用したAppleの計画に関する情報筋によると、この技術大手はスタンドアロンARデバイスの「最も魅力的なアプリケーション」を見つけようとしています

このレポートによると、拡張現実感はAppleの「実験の特定の領域」になっているが、スタンドアロンヘッドセットの最高のスタイル、タイプ、機能を見つけるために様々なプロトタイプに取り組んでいる

Appleの少なくとも1つのグループは、3Dカメラとの眼鏡を提唱しているが、ディスプレイ技術は一切使わず、Snapのメガネに似た、iPhoneのスクリーンを主ディスプレイとして使用することを選択しています

他のプロトタイプでは、統合されたディスプレイ技術を使ってARコンテンツを実際の環境に重ね合わせる一方、追加のアプローチはSamsungのGear VRのようなVRヘッドセットに似ていて、特にこのデバイスについての最終的な設計決定はなされていないとFinancial Timesは報告しています


スポンサーリンク




Appleが独自のスタンドアロンの拡張現実感デバイスで作業していたという言葉は、2016年後半に初めて浮上しました、それ以来そのようなデバイスを取り巻く噂の多くがされています

その一つは、Appleはドイツの光学会社Carl Zeissと提携していると示唆し
もう一つは、この夏のデバイスの発売を予測しました、もちろん後者の噂は、Appleがプロトタイプ段階にあると言われているので、この時点ではありえません

今年の初め、Financial Timesの別の報告書によると、アップルはウェアラブルARヘッドセットの研究開発を進めていたが、そのようなデバイスの発売はまだ1年以上離れていると指摘しました
同様に、Bloombergは2018年に発表がが行われる可能性があると報告したが、少しも早くはないでしょう

Apple ARヘッドセットのリリーススケジュールは未だはっきりしていませんが、AppleがAR眼鏡に似た何かに取り組んでいることは確かです

7月に、iDrop Newsは、アップルのサポートスタッフから、バーチャルリアリティーヘッドホンや拡張現実感ヘッドセットが実際に存在していたという確認を受けました
スタッフによれば、そのような装置は、アニメーションおよびVRビデオ合成に使用することができます

AppleのARの取り組みは、現時点ではスタンドアロンのヘッドセットを超えてもよく知られています
6月には、AppleはARKitを発表しまし、これは iOS 11を一晩で最大の拡張現実プラットフォームにする開発ツールセットで、過去数年間でAppleはいくつかの買収を行い、技術関連の特許を多数 提出しています

CEOのTim Cookは、拡張現実プラットフォームの可能性について声明を発表しました
2017年第3四半期の決算報告で同氏は、

ARとARKitで見ていることにこれ以上になく興奮しました、テクノロジーは大きくて深い


これは私たちが振り返ってみて、それの始まりに驚くだろう

画像元:Mashable
(Via iDrop News.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)