Apple Watchのようなウェアラブルデバイスは、COVID-19の活動、感染率の予測に役立

Apple Watchのようなウェアラブルデバイスは、COVID-19の活動、感染率の予測に役立

CareEvolutionの研究プラットフォームが可能にした新しい研究によると、Apple Watchのような市販のウェアラブルデバイスは、CDCのデータだけよりも最大12日早く、COVID-19の活動と感染率の人口変化を監視し、予測することができるとのことです

感染率を監視するためにウェアラブルデバイスを使用するこのアプローチは、病気の有病率の変化の早期シグナルを提供することによって、医師の予約、臨床検査結果、廃水検査などのウイルス性疾患を追跡する既存の方法を補完します

このデータは、COVID-19のパンデミック発生時にScripps ResearchがCareEvolutionおよびThe Rockefeller Foundationと共同で開始した共同研究DETECTによるもので、CareEvolutionは、ミシガン州アナーバーに本社を置くヘルステクノロジー企業です

この研究では、CareEvolutionのデジタル臨床試験・研究プラットフォームであるMyDataHelpsを利用しています、MyDataHelpsを通じて研究者らは、全米の数千人の参加者から、ウェアラブルデバイスから安静時心拍数と歩数、自己申告データ(例:検査結果、症状、人口統計情報)を収集しました

スポンサーリンク


Lancet Digital HealthはDETECTのデータに基づいた研究を発表し、ウェアラブル端末はおそらく参加者が何らかの症状を経験する前に個人データの変動を識別し、ウイルス感染の早期兆候を提供することを示しました

研究者らは、このセンサーデータの変化を追跡することで、CDCのデータだけと比較して、将来最大12日間のCOVID-19感染率の7日移動平均の予測を大幅に改善できることを示しました

下水検査など、ウイルス性疾患の追跡を目的とした他のデータ収集と比較して、センサーベースのサーベイランスは、これらの従来の監視戦術を補完する安価なデータを提供し、ウイルス感染傾向の集団レベルの予測を提供します

センサーベースのデータを従来の監視方法と統合することは、将来のCOVID-19予測、その他の新興ウイルス、および季節性流行に関する実行可能な洞察を開発するために重要になる可能性があります

(Via Apple World Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)