Apple Watchなどのウェアラブル技術は、医療制度における既存の健康格差のギャップを浮き彫りに

Apple Watchなどのウェアラブル技術は、医療制度における既存の健康格差のギャップを浮き彫りに

新たな調査によると、フィットネストラッカーを身につけているのは少数派ですが、Apple Watchのようなデバイスの価格が高いため、多くの人が購入に踏み切れないと言います

この研究は、米国国立衛生研究所 (NIH) のAll of Us Research Programによって実施されたもので、医学研究において過小評価されているグループの参加を目指しています

6つのFederally Qualified Health Centersの1,000人以上の成人患者を対象にウェアラブルフィットネストラッカーに関する調査が行われました、回答者の約40%がヒスパニック系、36%が黒人、15%が非ヒスパニック系白人であると回答しています

収集した情報から研究者らは、回答者の大多数 (58%) がフィットネストラッカーを欲しがっていること、そしてフィットネストラッカーは健康格差を広げることを明らかにしました

これは主に、スマートウォッチが少数派のグループには高価すぎることが多いためだとSTATの研究者たちは指摘しています

回答者の半数近くは、そのようなデバイスを所有していない理由としてコスト上の障壁を挙げ、5人目は、助けがなければ使い方がわからないのではないかと懸念しています

スポンサーリンク


この研究では、フィットネストラッカーは非常に便利なツールだと指摘しています、装着者は、 Apple Watchの転倒防止機能や心拍数センサ、酸素センサなど、多くの救命機能にアクセスできます

医療業界にとっても有益です、例えばApple Watchを含む多くのヘルスウェアラブル製品は、価値あるデータを医療研究者に提供しています

しかし、データが特定の層からのみのものである場合、少数派のグループは、生命を救う可能性のある医学研究から除外されます

この研究は、ウェアラブルへの追加投資が既存の格差の縮小に大きく貢献する可能性があることを示唆しています、これは、遠隔医療サービスがより一般的になるにつれて、特に当てはまることです

Apple Watchは日常的に医学研究者と提携してデータを提供し、幅広い疾患を研究しています

多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS) 患者を対象とした最近の研究では、PCOSの女性はそうでない女性に比べて前糖尿病状態になる可能性が4倍高いことが明らかになりました、また、高血圧になる可能性も2倍あります

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)