最新のmacOS Montereyベータ版で、次期14インチと16インチのMacBook Proのディスプレイ解像度が明らかになる可能性が浮上

最新のmacOS Montereyベータ版で、次期14インチと16インチのMacBook Proのディスプレイ解像度が明らかになる可能性が浮上

今週初めに公開されたmacOS Montereyの7番目のベータ版では、システム情報アプリのディスプレイ解像度のリストに2つの新しい項目が含まれており、次期「M1X」14インチおよび16インチのMacBook Proモデルの解像度が明らかになる可能性があります

MacRumorsに寄稿しているSteve Moser氏が発見したように、新しい2つのディスプレイ解像度は「3456×2234 Retinaディスプレイ」と「3024×1964 Retinaディスプレイ」と記されており、現行または以前のApple製品の内蔵ディスプレイの解像度に対応していません

解像度そのものと解像度同士の関係を考えると、これらの新しい解像度は今後発売されるMacBook Pro向けのもののようです

現行の16インチMacBook Proのネイティブディスプレイ解像度は3072×1920、現行の13インチMacBook Proのネイティブ解像度は2560×1600で、両方のマシンとも226-227ppiのピクセル密度となっています

もしこれらの新しい解像度が本当に次のMacBook Proモデル用なら、ピクセル密度は250ppi程度に増加することになります

スポンサーリンク


これは特に、これらの新しいマシンでは、可能な限り鮮明な画像を得るためのデフォルト設定としてネイティブ2xRetinaが可能になることを意味します

Display Resolutions

ユーザーはいくつかのディスプレイ解像度オプションから選択することができますが、現在のMacBook Proモデルは、ネイティブのディスプレイ解像度と2xRetinaディスプレイの間に収まるデフォルト解像度を採用しています

例えば、現在のネイティブ解像度3072×1920の16インチMacBook Proは、真の2×Retina品質の1536×960ディスプレイに相当しますが、対角線が16インチのこのようなディスプレイ上のコンテンツは、ほとんどのユーザーにとって不快なほど大きく表示されるため、Appleは、1792×1120に「見える」デフォルトの拡大解像度でマシンを出荷しています

次期MacBook Proモデルのピクセル密度が明らかに向上していることから、真の2倍のRetina設定にすれば、16インチモデルでは1728×1117、14インチモデルでは1512×982という「見た目」の解像度になり、ほとんどのユーザーにとってちょうどいいところに収まります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)