iFixit、iMac ProおよびMacBook Pro 2018のサードパーティでの修理は今のところ出来ると

iFixit、iMac ProおよびMacBook Pro 2018のサードパーティでの修理は今のところ出来ると

新しいポリシーは未だ有効になっていない

昨日お伝えしたAppleの社内文書には

新しいシステムは、システムの一部が交換された後に「Apple診断プログラム」が実行されない限り、コンピュータが「動作不能」になります

と記されていました

しかし、iFixitによれば、修理方針はまだ有効ではないと言っています

Appleの主張を評価するにあたり、DIY会社はTouch Bar付きの新しい13インチMacBook Proを購入し、7月には毎年のティアダウンに合わせて同一のMacBook Proモデルでディスプレイを交換しました
Fixitは古いマシンをmacOS Mojaveと交換したロジックボードにもアップデートしました

しかしながら、両方のMacBook Proモデルが修理後に正常に機能しました

スポンサーリンク


iFixitは、「AppleがAASPが修理を正しく完了していることをAppleが確認できるように、このソフトウェアはシリアル番号やその他の部品データを追跡すると考えている」とブログ記事で述べています
基本的にAppleが、不正な修理が行われたことをリモートから検出すると、それを無効にすることができます

AST 2 System Configuration Suiteの手順は、アップルの認定修理ネットワークで使用されている部品をトレースするためのシステムである可能性があります
あるいは、Appleが修理の質を監視したり、交換料金を追跡したりする方法かもしれません

AppleがT2搭載のMacの修理を管理しているため、新しいプロトコルの言葉は、「計画された陳腐化」戦略の疑惑を再燃させる可能性があります
同社は、例えば、マシンが寿命に達したときに修理サポートの適格性を中止することにより、顧客に新しいマシンを購入させることができます

Appleの方針は、米国の多数の州で準備されているいわゆる「修復権」法案の支持者に懸念を抱かせることにもなります

この法律は、Appleのようなハイテク企業に消費者や第三者の修理店に修理情報、診断機器、部品を提供するよう求めています

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)