AppleのA12 Bionicは、ベンチマークでデスクトップCPUの性能に近づく

AppleのA12 Bionicは、ベンチマークでデスクトップCPUの性能に近づく

iPhone XS/XS Maxに採用されたA12 Bionic

AnandTechは、iPhone XSとXS Max のベンチマークと検証で、A12 BionicがA11、SamsungのExynos 9810と8895、クアルコムのSnapdragon 845と835チップを含む他のプロセッサと比較しています

すべてのプロセッサに適用されるベンチマークであるSPEC2006は、一般的なGeekBench 4よりもはるかに大きく、他よりも大幅に大きく複雑なデータセットを使用する「重要な業界標準ベンチマーク」と言われています

このベンチマークは、メモリ・サブシステムのパフォーマンスに関連してマイクロアーキテクチャの詳細を提供できます

A12 Bionic Bench 001
ベンチマークでは、特定のワークロードのエネルギー使用量とパフォーマンスが記録されています、一般的に言えば、使用されるエネルギーが少なく、より良いパフォーマンスが提供されます

スポンサーリンク

Appleのマーケティング資料よりもはるかに高いパフォーマンス

  • A12 Bionicは、以前のA11チップよりも平均24%の性能を発揮
  • A12の電力効率は約12%向上
  • このサイトのSPECfpベンチマークでは、前世代より平均パフォーマンスが約28%向上

A12 Bionicは、TSMCの新しい7nmプロセスで製造される最初のコンシューマ向けチップでもあり、Appleは「新しいSoCの複雑さと機能を向上させる」ことができました
IPhone XS XS Max z
AnandTechはまた、iPhone XSのラインナップが現在市場で最も速いスマートフォンシリーズとして、次のように記しています

AppleのSoCは、最近のすべてのAndroid SoCよりも優れたエネルギー効率を持ち、パフォーマンスは2倍近く向上しています
私たちがエネルギー使用量を標準化すれば、Appleは3倍のパフォーマンス効率を達成するだろう

また、A12 Bionicが「現在のデスクトップレベルのCPU」の性能に近づいており、これは「かなり驚くべきことだ」と言い、Apple CPUがモバイルチップの可能性の限界を押し上げたと付け加えています

言い換えれば、A12 Bionicは、現在市販されているスマートフォンの中で最高のパフォーマンスを発揮し、最も効率的なシリコン製品である可能性があります、また、Aシリーズのチップは今後さらに高速化する可能性あります

(Via iDropNews.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)