Apple、T2チップを搭載したMac(iMac Pro,MacBook Pro 2018)のデータ復旧プロセスを発表

Apple、T2チップを搭載したMac(iMac Pro,MacBook Pro 2018)のデータ復旧プロセスを発表

T2チップ搭載Macのデータ復旧

Appleは最近、iMac Proと2018 MacBook Proで導入されたT2チップを利用して、Mac向けに内部的に新しいデータ復旧プロセスを文書化しました

T2チップの高度なセキュリティ機能(SSDストレージのハードウェア暗号化など)が、旧式のマシンで使用されていたAppleの以前のデータ復旧方法と互換性がないため、新しい修理担当者のプロセスが導入されています

Appleは、T2チップを搭載したMacのデータ転送プロセスは、修理担当者がロジックボードの修理を必要とする顧客のマシンと、ロジックボードが「部分的に機能している」場合に使用されると述べています
このプロセスではシステムの電源をオンにする必要もあります

このプロセスを完了するために、アップルの修理スタッフは、Thunderbolt(USB-C)またはThunderbolt 3(USB-C)からUSB-Aケーブルと別のホストコンピュータ、さらには外付けハードドライブを使用しデータが転送されます

そこからマシンをDFUモードにすることができ、データ回復プロセスはAppleの内部診断ツールから開始することができます
T2 Chip 002 z
Appleのツールは外付けハードドライブのパーティション分割に約10〜20分かかりますが、Appleはデータ転送量はデータ量に依存し、最大2日間かかります

スポンサーリンク


Appleが2018 MacBook Proを発表したとき、一部のユーザーは、Appleの取り外し可能なSSDのスタッフによるデータ復旧のために、以前のMacBook Proで使用されていた特別なSSDコネクタを取り外したことに気付きました

この変更は、AppleがT2チップをマシンに導入したことで実際に行われ、新しいデータ回復プロセスが必要なため、コネクタは不要でした

新しいT2チップは、オンザフライ暗号化(マシンから取り外せばSSDを読むことができないようにする)を含む多くのセキュリティ機能を提供していますが、新しいMacBook ProとiMac Proの多くの新機能も搭載しています

新しいセキュリティ機能は、Macユーザーのための潜在的な現実世界のセキュリティ問題に対する保護を特筆しています
先週のレポートでは、ほぼすべての MacとWindowsのラップトップとデスクトップがデータ盗難の危険にさらされていることを指摘しましたが、T2チップを搭載したMacは安全だと報告されています

画像元:9to5Mac
(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)