Apple M1 Macにはもう一つの隠しブートモードがある

Apple M1 Macにはもう一つの隠しブートモードがある

Appleが改訂したばかりの「Platform Security Guide 2021」は、M1 Macの起動方法を詳細に説明しています

その過程で、これらの新しいモデルには、他のどこにも文書化されていないように見えますが、Macの節約になる可能性があるブートモードがあることが明らかになりました(Page 29)、それは「Fallback Recovery OS」です

M1 Macで1True Recovery(1TR)のリカバリモードに入る必要があるが、それが失敗した場合は、「復元のために」1TRに必要なソフトウェアの2番目のコピーがあります

Fallback recovery OS

Fallback recovery OS


From a shutdown state, doublepress and hold the power button.


The same process as recovery OS boot, except that it boots to a second copy of recovery OS that is kept for resiliency. However, LLB doesn’t lock an indication into the Boot Progress Register saying it is going into recovery OS, and therefore the fallback recovery OS doesn’t have the capability to change the system security state.


Fallback recovery OS


シャットダウン状態から、電源ボタンを2回押し続けます。


回復OSの起動と同じプロセスですが、復元のために保持されているリカバリーOSの2番目のコピーを起動する点が異なります、ただし、LLBは、リカバリーOSに移行することを示す表示をブートプログレスレジスタにロックしないため、Fallback recovery OSにはシステムのセキュリティ状態を変更する機能がありません』

それを起動するには、ガイドによると、1TRがロードを開始するまで電源ボタンを押し続けるのではなく、「電源ボタンを2回押し続けて」ください

実際には、これには電源ボタンをすばやく2回続けて押す必要があり、2回目に押すと、ボタンを離す代わりに、リカバリーオプションが読み込み中として報告されるまで押し続けます

スポンサーリンク


これはM1 MacBook Proで確実に機能しますが、これまでのところM1 Mac miniでまったく機能させることができませんでしたが、単に正しく動作していないのかもしれません

これにより、通常の1TRと同等のパフォーマンスが得られます

ただし、Startup Security Utilityを使用してシステムのセキュリティ状態を設定することはできません

Appleは、これは「LLB [低レベルブートローダー]がrecoveryOSに入っていることを示す表示をブートプログレスレジスタにロックしない」ためだと説明しています

しかし、他のすべての目的では、これは1TRと同じくらい優れており、同じです

(Via The Eclectic Light Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)