Apple Siliconを搭載したM1 Macの起動モード

Apple Siliconを搭載したM1 Macの起動モード

Appleは、M1 Apple Silicon Macの起動モードを完全に再設計および再編成しました

Intel Macで使用されるすべてのスタートアップキーの組み合わせを記憶する代わりに、さまざまなモードと機能が構造化された論理的な順序でアクセスされます

Apple Siliconを搭載したMacには、以下に説明するブートモードがあります

Platform Security Guide 2021

Appleはサポート文書「Platform Security Guide 2021」の29ページで「Boot modes for a Mac with Apple silicon」と題してApple Siliconを搭載したM1 Macの起動モードでブートモードの説明を、次のようにしています

mac OS

シャットダウン状態から、電源ボタンを押して離します

  1. ブートROMがLLB(Low-Level Bootloader)に渡されます
  2. LLBは、選択したMacOSのシステムペアファームウェアとローカルポリシーをロードします
  3. LLBは、通常のMac OSで起動していることを示す表示をBoot Progress Register(BPR)にロックし、iBootに渡します
  4. i Bootは、mac OSとペアになっているファームウェア、静的信頼キャッシュ、デバイスツリー、およびBoot KernelCollectionをロードします
  5. LocalPolicyで許可されている場合、iBootはサードパーティのkextのAuxiliaryKernel Collection(Aux KC)をロードします
  6. LocalPolicyがそれを無効にしなかった場合、i Bootは署名されたシステムボリューム(SSV)のルート署名ハッシュを検証します

スポンサーリンク

リカバリーOS

シャットダウン状態から、電源ボタンを押し続けます

  1. ブートROMがLLB(Low-Level Bootloader)に渡されます
  2. LLBは、システムペアのファームウェアとリカバリーOSのローカルポリシーをロードします
  3. LLBは、リカバリーOSで起動していることを示す表示をブートプログレスレジスタにロックし、リカバリーOSのためにiBootに渡します
  4. i Bootは、mac OSとペアになっているファームウェア、信頼キャッシュ、デバイスツリー、およびBoot KernelCollectionをロードします

注:recoveryOSLocalPolicyではセキュリティのダウングレードは許可されていません

Fallback recovery OS

シャットダウン状態から、電源ボタンを2回押したままにします

回復OSの起動と同じプロセスですが、復元のために保持されているリカバリーOSの2番目のコピーを起動する点が異なります、ただし、LLBは、リカバリーOSに移行することを示す表示をブートプログレスレジスタにロックしないため、Fallback recovery OSにはシステムのセキュリティ状態を変更する機能がありません

スポンサーリンク

セーフモード

上記に従ってリカバリOSを起動し、Shiftキーを押しながら起動ボリュームを選択します

  1. 上記のようにOSをリカバリするために起動します
  2. Shiftキーを押しながらボリュームを選択すると、Boot Pickerアプリケーションは通常どおりそのmacOSの起動を承認しますが、次回の起動時にAuxKCをロードしないようにiBootに指示するnvram変数も設定します
  3. システムが再起動し、ターゲットボリュームで起動しますが、iBootはAuxKCをロードしません










LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)