iPad 10の分解で第2世代Apple Pencilをサポートしていない理由を示す

iPad 10の分解で第2世代Apple Pencilをサポートしていない理由を示す

Appleは先月、より高価なモデルに近い新しいデザインに加え、その他の機能強化を施した第10世代iPadを発表しました

しかし、多くの改良にもかかわらず、Apple 10は第二世代のiPad Pencilをサポートしていません、そこでiFixitは、Apple 10の中身を分解した動画を公開し、新しいiPadがなぜ古いiPad Pencilでしか動かないのかを説明してくれました

デザインに関しては、第10世代iPadはiPad Airとほぼ同じで、さらに小型のiPad Proともほぼ同じです、それでも、互換性のあるAppleの側面に磁石で吸着する第2世代iPad Pencilのサポートを追加しないというAppleの決定に顧客は驚きました

代わりにAppleは、Lightningコネクタ経由で充電できる初代Apple Pencilをサポートし続けています

新しいiPad 10にLightningポートがあれば大きな問題にはなりませんが、実際はそうではありません、これは、他のiPadと同様に、第10世代iPadにUSB-Cポートが搭載されたためで、つまり、初代Apple Pencilと新しいiPadをペアリングして充電するには、アダプタが必要になります

スポンサーリンク

Appleがそのような決断を下した理由は何なのか?

iFixitの分解動画では、まさにそれが示されています

iPad Air 4と比べると、iPad 10は中身はほとんど同じように見えます、しかし、iPad 10では初めて前面カメラが水平に配置され、キーボードに取り付けたときにより自然で良いアングルを撮影できるようになっています

この変更は、Appleでビデオ通話を多用するユーザーにとっては非常に便利なものですが、フロントカメラの位置は、Apple AirやiPad Proなどの他のモデルに搭載されているApple Pencilの磁石の位置と同じになりました

Appleはこの事実を認めていませんが、現在では同社のデザイナーとエンジニアは、前面カメラを水平に配置するか、新しいApple Pencil 2を使用するかの選択を迫られていることが明らかになっています

レンズとカメラのセンサーがそこにある以上、第2世代Apple Pencilを支えて充電する部品を置く余地はまったくありません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)