世界のパソコン・タブレット販売は今後も減少傾向

世界のパソコン・タブレット販売は今後も減少傾向

世界のPCおよびタブレットの出荷台数は、2022年に11.9%減少し、4億5,680万台に減少すると予測されており、2023年にはさらに減少すると予測されています

IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Trackerによると、2023年の従来型PCの出荷台数は5.6%減の2億8,100万台、タブレットは6.7%減の1億4,800万台になるとnのことです

急激な減少にもかかわらず、出荷量はパンデミック前の水準を上回るままですが、市場はマクロ経済の逆風、過剰な流通経路在庫、高水準の飽和状態によって引き続き課題を抱えています

PC市場はこの五年間で1%強の年平均成長率 (CAGR) を見込んでおり、タブレットよりも堅調に推移すると予想されていますが、タブレットのCAGRは同期間で-1.7%になると予想されています

2022 12 03 22 53 39
IDCのモビリティおよびコンシューマーデバイストラッカーのリサーチマネージャーであるJitesh Ubrani氏は、「実際のところ、PCメーカーもタブレットメーカーも今後数カ月は苦戦するだろう。販売台数が減少するだけでなく、平均販売価格も低下すると予想されるからだ」と述べています

「ごく短期的な過剰在庫は、すでにOEMとチャネルに製品の大幅な割引を強いており、景気低迷が続く限り、製品構成もプレミアムセグメントからよりミッドレンジ製品へと移行するだろう」とも述べています

スポンサーリンク


現在進行中のマクロ経済の逆風は市場のあらゆるセグメントに影響を与えていますが、最も大きな打撃を受けているのは消費者です

IDCは2023年の消費者、教育、商用市場の予測を下方修正しましたが、2024年に向けて商用PCのリフレッシュサイクルは力強いものになると予想しています

IDCのデバイス&ディスプレイ部門の調査担当副社長であるLinn Huang氏は、 「今後、マクロ経済の回復のタイミングは、他の強力な市場ドライバーとうまく一致する可能性があり、Windows 11 への移行は、教育機関や家庭での次の大規模な更新サイクルと連動して、2024 年から予測の外側の年まで成長を促進するはずです」と述べています

(Via Apple World Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)