新しい iPhone 14の衛星機能による緊急 SOS 、アラスカでの遭難者の男性を救う

新しい iPhone 14の衛星機能による緊急 SOS 、アラスカでの遭難者の男性を救う

AppleはiOS 16.1の発売に合わせて、 「Emergency SOS via Satellite」をリリースしました

これは、携帯電話やWiFi接続が利用できない場合に、iPhone 14の所有者が衛星接続を使用して緊急サービスに連絡できるようにするためのもので、この機能は、ある男性が地方で足止めされた事件をきっかけに、アラスカ州で試されました

12月1日の早朝、アラスカ州警察はスノーマシンでヌールヴィークからコツェブエに向かっていた男性が足止めされたという警報を受けました、男性は寒い遠隔地にいて接続できず、iPhone 14の衛星機能を介して緊急SOSを起動し、当局に窮地を知らせました

Appleの緊急対応センターは、地元の捜索救助チームや北西北極圏捜索救助調整官と協力し、緊急機能を使ってAppleに中継されたGPS座標に直接ボランティアの捜索隊員を派遣しました

男性は無事に救助され、怪我もありませんでした

スポンサーリンク


彼がいた地域は人里離れており、衛星通信が利用可能な端でした、Appleによると、緯度62°以上の場所、たとえば北部やアラスカ・ノーヴィク・コツェブエは緯度69°に近いため、衛星接続が機能しない可能性があるとのことです

救助に協力した兵士たちは、「最初の警報に含まれる情報の正確さと完全さに感銘を受けた」 と言います、「Emergency SOS via Satellite」機能は、救助活動を迅速化するために警報が出される前にいくつかの質問をするように設計されています

SOS経由の緊急衛星はすべてのiPhone 14ユーザーが利用でき、緊急事態が発生してWiFiや携帯電話の接続が利用できない場合に起動できます

この機能は2年間無料で利用でき、Appleは今後の利用料金の詳細をまだ明らかにしていません

衛星接続は、現時点では北米で利用可能で、近日中にフランス、ドイツ、アイルランド、英国に拡大される予定です

(Via MacRumors.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)