iPad、第4四半期のタブレット出荷台数を大幅に伸ばしたが、第1四半期の落ち込む

iPad、第4四半期のタブレット出荷台数を大幅に伸ばしたが、第1四半期の落ち込む

最新のレポートによると、Appleの10.2インチiPadが2020年第4四半期のタブレット出荷台数を13四半期ぶりの最高値となりました

Digitimes Researchによると、世界のタブレット出荷台数は2020年第4四半期に5,156万台と13四半期ぶりの高水準に上昇したとのことです、しかし、出荷台数は2021年第1四半期には前四半期比31%減と予測されます

Digitimes Researchのデータによると、2020年第四四半期の全世界のタブレット出荷台数は、季節要因とコロナウイルスの流行に伴う在宅勤務による需要の増加により、前四半期比で17.6%、前年同期比で19.3%増加した

2021年上半期に予想されるチップ不足への懸念から出荷台数が増加したと報じられています、また、2020年9月に発売されたAppleの第8世代iPadが大幅に増加しました、2019年の第7世代モデル発売時には、Appleはこのタブレットが最も人気のあるタブレットであると主張していました

スポンサーリンク


Digitimesによると、タブレット市場は伝統的に今年の第1四半期に減速していますが、これは前述のチップ不足によってさらに悪化し、前四半期に比べて30%の落ち込みをもたらす可能性があります

Digitimesによると、消費者は11インチ以上の大型タブレットを好む傾向が続いており、この特定のサイズのカテゴリーのシェアは第1四半期のシェアは前期の10%から15%に増加すると予測されています

世界のタブレット端末の出荷台数は、昨年は約2%増の1億5,976万台だったと報告されています

最近の噂によると、Appleは今春、Appleの「A13」チップと、より薄くて軽いボディを搭載した新しい iPadを発表する可能性があります、また、Appleは今年、よりプレミアムなタブレットの一部をmini-LED技術でアップグレードすると予想されています

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)