将来のApple Pencilには、現実世界の色をサンプリングするセンサーが搭載され可能性がある

将来のApple Pencilには、現実世界の色をサンプリングするセンサーが搭載され可能性がある

特許によると、Apple Pencilの将来のバージョンでは、イラストレーターやアーティスト向けの機能として、現実世界の色を選択できるようになる可能性があることが明らかになりました

米国特許商標庁に11月に出願されたが、今週に入って公開されたばかりのこの特許出願には、物体からの反射光を測定してその色を判定する光検出器付きの「カラーセンサー」が含まれています

スタイラスには、センサがオブジェクトの色を検出するのに役立つ独自の光源が付属する場合もあります

センサーは、ライトガイドと結合して先端に配置するか、またはApple Pencilの反対側の端部に配置することができ、スタイラスを逆さまにするなどの特定の方向に配置したときに機能がアクティブになります

この技術により、Apple Pencilの所有者はスタイラスを布や花などの現実世界の物体の近くに持ってくることができ、センサーによって検知されて描画プログラムのカラーパレットに配置されます

色は、線やテキストなどのプログラムの機能に割り当てることができます

スポンサーリンク

しかし、Appleの特許は、この技術の芸術への応用を制限するものではなく、ディスプレイやプリンタのキャリブレーション、健康関連の測定、塗料や化粧品の色の識別などの目的で、このセンサーを使用して色を測定する可能性があります

この特許申請は、この機能がApple Pencilの次期バージョンに確実に搭載されるという意味ではありませんが、少なくともAppleがスタイラス用のカラーサンプリングセンサを模索していることを意味しています

(Via Digital Trends.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)