Apple Parkを建てるのに実際にどれくらいの費用がかかったのか?

Apple Parkを建てるのに実際にどれくらいの費用がかかったのか?

How much?

建設データと分析スタートアップBuildZoomは、新しいアップルキャンパスが建築許可証に基づいて11億ドル以上の費用がかかると10月に見積もっています

しかし、長年のサンタクララ郡査定のLarry Stoneの見積もりは、iPhoneメーカーの輝かしい新しいキャンパスのコストは、BuildZoomの見積もりをはるかに上回り、50億ドル近くになる可能性があります

75エーカーのキャンパス・サイズと、目に見えるボルトやネジがない大きなリング状の構造を作成するという当社の意向により、Apple Parkはサンタクララ郡に明確な類似点の建物はありません

最近の大規模な建設プロジェクトであるLevi’s Stadiumは、2015年にStone氏のオフィスの見積もりによると、およそ13億ドルの費用でした

しかしLarry Stoneの代理人、David Ginsborg氏は、Levi’s StadiumとApple Parkを比較することは、その大幅に異なる目的と建設資材のために、リンゴをオレンジを比較するようなものだと語っています

Ginsborg氏は、新しくオープンしたサンフランシスコのハイテク大手の別の象徴的なオフィスのSalesforce Towerが、より良い比較で、San Francisco Chronicleによるとこのベイエリア内で一番高い建築物は10億ドルの費用がかかりました

コストに対するコメントはAppleには届きませんでした
Stone氏は、Apple Parkの建設費の見積もり額とBuildZoomの新しい見積額との間に40億ドル近くの差異があることから、建築許可証がどのように機能し、その目的が何であるかについての誤解が浮かび上がったと述べた

スポンサーリンク


建築許可は、最初のシャベルが回転する前に建設プロジェクトがどれくらいの費用を要するかを示す予備的なロードマップです
彼らには、労力、時間外労働、追加の材料と再設計の費用は含まれていません。これらのすべてが最終タブに大幅に追加されます

当初2015年にオープン予定のApple Parkプロジェクトは、間違いなくコストを引き上げる多数の遅延に直面しました

BuildZoomのチーフエコノミスト、Issi Romem氏によると、Bay Areaが建設労働者の不足に直面したSilicon Valley経済の好況の中で、その建設が行われました

Apple Parkの正確な建設費用は、まだ完了していない最終的に評価された不動産価値に含まれます
Assessor’s Officeの2016-2017年次報告書によると、2016年から2017年にかけて、プロジェクトが完了する前に、Appleはサンタクララ郡でPG&Eに次いで2番目に高い固定資産税 3,370万ドルで支払った

Assessor’s Officeが推定Apple Park建設コストを発表した最後の時は2016年9月で、その年の1月1日までの費用で16億ドルでした、しかしStone氏は今、建設コストが50億ドルに達すると見込んでいます

審査オフィスは、Apple Parkの最終評価額(新キャンパスの税額控除基準)は、最終建設費用よりも低くなる可能性があると述べた
これは、特定の材料や建設された商品がAppleだけにとって価値があり、評価された価値を考慮に入れることができないためです

(Via The Mercury News.)


50億ドルと言うと日本円に換算すると、約 5,700億円と言うことになるのでしょうが・・・

余りにも凄い桁なので、いったいどのくらい凄いことなのか解りません


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)