Apple TV+、米国で6%の市場シェアを獲得、Netflixは契約者数減少

Apple TV+、米国で6%の市場シェアを獲得、Netflixは契約者数減少

今年初めのレポートで、Apple TV+の成長は緩やかで、米国におけるストリーミングプラットフォームの市場シェアは5%に達したばかりであることが明らかになりました

3ヶ月後、Apple TV+はついに米国のストリーミング市場の6%を占めるようになりました

JustWatchの新しいレポートによると、2022年第2四半期の結果は、Paramount+、Apple TV+、Hulu(Disney所有)、Disney+などの小規模ストリーミングプラットフォームにとってかなりポ好調でした

これらのプラットフォームはここ数カ月で成長していますが、NetflixやAmazon Prime Videoのような大手企業には同様ではありません

Netflixは前四半期、米国で2%の市場シェアを失いました、Netflixは依然として最も人気の高いプラットフォームで、市場の21%を占めていますが、契約者の維持に苦戦しています

Amazon Prime VideoとHBO Maxの加入者数は1月から増加しているが、どちらのプラットフォームも先月、加入者を若干減らしています

スポンサーリンク

米国におけるストリーミングプラットフォームのシェア状況

  • Netflix: 21%
  • Amazon Prime Video: 20%
  • HBO Max: 15%
  • Disney+: 14%
  • Hulu: 10%
  • Apple TV+: 6%
  • Paramount +: 4%
  • Others: 10%

ストリーミング戦争は過熱の一途をたどっており、Netflixは第2四半期、市場シェアを-2%失いました

Apple TV+やDisney+、HBO Maxなどの競合サービスは、このトップ企業の損失をうまく利用して第2四半期はそれぞれ1%増となりました

NetflixとPrime Videoの差はわずか1%、HBO Maxと2位の差はわずか5%です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)