Apple、iOS 16でのデジタル脅威対策のためのロックダウンモードを発表、1,000万ドルのサイバーセキュリティ助成金の詳細を明らかに

Apple、iOS 16でのデジタル脅威対策のためのロックダウンモードを発表、1,000万ドルのサイバーセキュリティ助成金の詳細を明らかに

Appleは、高度なデジタル脅威から個人的に狙われる可能性のある人々を保護するために設計された、iOS、iPadOS、macOS向けの新しいロックダウンモードを発表しました

プレスリリースでAppleは次のように述べています

ロックダウンモードは、iOS 16、iPadOS 16、およびmacOS Venturaで今秋提供されるこの種の最初の主要機能で、デジタルセキュリティに対する重大で標的型の脅威に直面しているごく少数のユーザー向けの極端なオプション保護機能です

ロックダウンモードは、スパイウェアが利用できる攻撃面を減らすために、特定の機能を制限するように設計されているとのことです

Appleは

発売当初、ロックダウンモードには以下の保護機能が含まれています

  • メッセージ:画像以外のほとんどのメッセージの添付ファイルがブロックされます、リンクのプレビューなど、一部の機能は無効化されます
  • Webブラウジング:ジャストインタイム(JIT)JavaScriptコンパイルなど、特定の複雑なWebテクノロジーは、ユーザーが信頼できるサイトをLockdown Modeから除外しない限り、無効化されます
  • Appleサービス:FaceTime通話を含む着信招待やサービスリクエストは、ユーザーが以前に発信者に通話やリクエストを送ったことがない場合、ブロックされます
  • iPhone がロックされている場合、コンピュータまたはアクセサリとの有線接続はブロックされます
  • ロックダウンモードがオンになっている間は、設定プロファイルをインストールすることができず、デバイスをモバイルデバイス管理(MDM)に登録することができません

スポンサーリンク


またAppleは、ロックダウンモードでの適格な発見に対する報奨金の支払いを、最大200万ドルまで倍増させます

さらに同社は、1,000万ドルと、NSOグループに対する訴訟で認められた損害賠償を加えた金額を、「Digno Groupに提供する」と付け加えています

この基金は、世界的な社会正義の実現を目指す私立財団であるフォード財団が設立・運営し、世界的な社会正義の実現を目指す慈善団体の資金を提供するものです

Dignity and Justice Fundは、今年の終わりから2023年の初めにかけて、このファンドから助成金を出し始める予定です

ロックダウンモードは、標的型攻撃の危険にさらされていると感じている著名な個人を対象としていることは明らかです

この機能は誰でもオンにすることができますが、そうすることでiPhone、iPad、Macの機能が大幅に制限され、ほとんどの人がそうしたいと思うことはない方法です

(Via Macstories.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)