Apple TV+は量より質で賞賛され、2021年には収益がほぼ2倍に

Apple TV+は量より質で賞賛され、2021年には収益がほぼ2倍に

Apple TV+は、量より質の高いコンテンツに賭けたことが、アカデミー賞で実を結びました

ストリーミングサービスとして初めて作品賞を受賞したのです、さらに、エミー賞では「Ted Lasso」でコメディ賞を受賞しています

Wall Street Journalの新しいレポートが、まさにそれを解き明かしています

WSJによると、Apple TV+はNetflixやDisney+のような多くのカタログはないものの、”批評の対象”になっているとのことです

アカデミー賞を受賞したCODA以外にも、TV+はThe Tragedy of Macbeth、Wolfwalkers、Ted Lasso、The Morning Showなどで大きな注目を集めました

このレポートは、Appleの直近の四半期には、同社のサービス事業の売上が約24%増加して195億ドルに達したことを記しています

スポンサーリンク


月額4.99ドルのストリーミングサービスは、その収益のごく一部しか占めていませんが、開始以来着実に成長しています

バーンスタインのアナリスト、Toni Sacconaghi)氏によると、10月から9月までの2021年度のApple TV+の収益は、2020年度と比較してほぼ倍増し、推定22億ドルに達したと言います

アップルは勝負をかけ続けている。2019年にApple TV+を発売した際、顧客が新しいiPhone、iPad、Apple TV、Macのいずれを購入しても、最大で1年間無料で利用できるサービスを提供しました

MoffettNathanson氏の推定によると、Apple TV+の有料顧客は米国で約1,200万人に上るとしています、WSJは、成長を続けるために、テレビ番組、ドキュメンタリー、映画以上のものを提供するというAppleのコミットメントを繰り返しています

Appleは、同ストリーミングサービスへの関心を高める手段として、スポーツ分野にも進出しようとしています、同社は最近、メジャーリーグとの間で、金曜日の夜の試合パッケージの独占権に関する契約を結んでいます

さらに事情に詳しい関係者によると、Appleは、全米フットボール・リーグの 「サンデーチケット」 と呼ばれる、日曜日にどの試合でも観戦できるサービスに参加しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)