Mac Studio、ヘッドホン端子はインピーダンスの自動検出機能付き

Mac Studio、ヘッドホン端子はインピーダンスの自動検出機能付き

新しいMac Studioの背面には、4つのThunderbolt 4接続、Ethernetポート、2つのUSB-Aソケット、HDMI出力に加え、3.5ミリジャック接続のクラシックなヘッドホンソケットも搭載されています

Appleによると、これは高インピーダンスのヘッドフォンに「高度に対応」しているとのことです

ヘッドホンの「高度なサポート」

Appleはサポート文書「Use high-impedance headphones with MacBook Pro (2021) and Mac Studio」に、これが何を意味するのかを正確に書いています

この記事は昨年公開されたものですが、最近改訂され(日本語バージョンは現時点で未だアップデートされていません)、新しいMac Studioも考慮に入れ、一部のユーザーがすでに疑っていたことを確認することになりました

Mac Studioは、接続されたヘッドフォンのニーズを認識し、出力を自動的に調整することもできます

AppleのMac Studioは、ヘッドホンジャックの負荷検出と適応型電圧出力の両方を備えています

この2つの機能は、MacBook Pro(14″, 2021)とMacBook Pro(16″, 2021)で初めて市場に導入された機能です

オーディオ愛好家やプロフェッショナルのために

技術的な配慮により、Mac Studioは接続されたヘッドフォンのインピーダンスも認識し、接続されたヘッドフォンのインピーダンスに応じて音声出力を調整することが可能です、ラインレベルのオーディオデバイスも完全にサポートされています

インピーダンスが 150Ω 未満のヘッドフォンを接続した場合、ヘッドフォンジャックの最大出力電圧は 1.25Vrms (実効値) です、インピーダンスが 150 〜 1kΩ のヘッドフォンの場合は、3Vrms に調整されます、このため、場合によっては外付けのヘッドフォンアンプが不要になります

(Source Apple , Via ifun.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)