最新のwatchOS 8.5アップデートでApple Watch Series 7 の充電問題が再発

最新のwatchOS 8.5アップデートでApple Watch Series 7 の充電問題が再発

Apple Watch Series 7のユーザーは、以前の問題が解消されたわずか2ヶ月後に、さらなる充電問題に悩まされています

一部のユーザーは、最新のwatchOS 8.5アップデートをインストールすると高速充電ができなくなると報告しています

高速充電はApple Watch Series 7の最大のセールスポイントの1つです、ただし、正しい充電アクセサリーを使用している場合に限ります

watchOS 8.5で高速充電されない

Apple Watch Series 7は、昨年10月に遅れてデビューして以来、かなりの数のバグに悩まされてきました、初期のアプリの不具合に続き、多くのユーザーがサードパーティのアクセサリを使用するとデバイスが充電されないことを発見しました

Appleは、その後のソフトウェアアップデートでそのすべてを修正しました

watchOS 8.1.1とwatchOS 8.4の両方が充電の悩みを解消すると約束し、しばらくはその通りになりました、しかし、今月初めに公開されたwatchOS 8.5では、さらに多くの機能が追加されています

スポンサーリンク

Apple Watch Series 7が高速充電されない

「Apple Watch Series 7を8.5にアップデートしてから、高速充電が機能しなくなったことに気づいた」と、あるRedditユーザーは書いています、同じスレッドにいる他の人も同じ問題を報告しており、Appleのフォーラムでも苦情が飛び交っています

Apple Watch Series 7は「以前はとても速く充電できたのに、今はとてもとても遅い(1時間で5%程度)」と、Belkin Boost Charge Proを使用している別のユーザーは書いています。Appleの公式充電器も影響を受けています

「まあ私のは、それが更新される前と比較して、約半分の速さで充電しているようだ」別のユーザーは「アップデート前の夜、私は15分で40%を充電できましたが. 8.5に更新した後、私は約30分で40%の充電になった」と言います

この問題は、以前のモデルのApple Watchには発生していないようです

スポンサーリンク

真の解決策なし

悲しいかな、リセットしても問題は解決しないので、AppleがまたwatchOSアップデートを展開するのを待つしかないようです

Apple Watchを充電器から取り外しては付け直すことを繰り返すと、急速充電が再び機能するようになるという話もありますが、必ずしもそうなるとは限りません

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)