Macでディスプレイのリフレッシュレートを変更する方法

Macでディスプレイのリフレッシュレートを変更する方法

ディスプレイのリフレッシュレートとは、画面の内容を更新する頻度のことです

サポートされているMacでは、内蔵ディスプレイと外付けディスプレイの両方で、このリフレッシュレートを変更することができます

macOSのシステムオプションを使ってディスプレイのリフレッシュレートを変更する方法です、変更したリフレッシュレートが気に入らない場合は、いつでも以前のものに戻すことができます

macOSでディスプレイのリフレッシュレートを変更する

macOSには、ディスプレイのリフレッシュレートを変更するためのオプションが組み込まれているので、サードパーティ製のアプリケーションを使う必要はありません

以下の手順でMacのリフレッシュレートを変更できます

  1. Macの左上にあるメニューをクリックし「システム環境設定」を選択します
  2. 「システム環境設定」の「ディスプレイ」を選択します
  3. 次の画面で「ディスプレイ」タブをクリックします
  4. キーボードのOptionキーを押しながら、「解像度:変更」ボタンをクリックします
  5. Refresh Rate on Mac 00002

  6. 新しいドロップダウンメニューが表示されます
  7. Refresh Rate on Mac 00004

  8. 「低解像度モードを表示」をクリックすると表示が増えます、ディスプレイの新しいリフレッシュレートを選択します

スポンサーリンク


このメニューを使って、外部ディスプレイのリフレッシュレートも変更することができます

  1. 「システム環境設定」の「ディスプレイ」のディスプレイタブを表示します
  2. キーボードのOptionキーを押しながら、「解像度:変更」ボタンをクリックします
  3. 新しいドロップダウンメニューが表示されます
  4. 「低解像度モードを表示」をクリックすると表示が増えます、ディスプレイの新しいリフレッシュレートを選択します

macOSでディスプレイのリフレッシュレートをリセットする方法

新しいリフレッシュレートが気に入らない場合は、macOSではすぐにデフォルトのリフレッシュレートに戻すことができます

  1. Macの左上にあるメニューをクリックし「システム環境設定」を選択します
  2. 「システム環境設定」の「ディスプレイ」を選択します
  3. 次の画面で「ディスプレイ」タブをクリックします
  4. キーボードのOptionキーを押しながら、「解像度:変更」ボタンをクリックします
  5. Refresh Rate on Mac 00005

  6. 新しいドロップダウンメニューが表示されます
  7. Refresh Rate on Mac 00006

  8. 元のリフレッシュレートを選択します

スポンサーリンク

トラブルシューティング

macOSに「リフレッシュレート」メニューが表示されない

「システム環境設定」の「ディスプレイ」に「リフレッシュレート」の項目がない場合、そのMacがリフレッシュレートの変更に対応していないことを意味します

すべてのMacがリフレッシュレートの変更に対応しているわけではありませんが、Macの画面解像度を変更することはできます

macOSに外部ディスプレイが表示されない

リフレッシュレートを変更するには、ディスプレイメニューに外部ディスプレイが表示されている必要があります

macOSには、接続されているディスプレイを見つけるためのオプションが組み込まれています、システム環境設定の「ディスプレイ」画面で、Optionキーを押しながら「ディスプレイの検出」オプションをクリックします

「リフレッシュレート」ドロップダウンメニューがグレーアウトしている

「リフレッシュレート」オプションがあるにもかかわらず、グレーアウトしている場合は、互換性のあるケーブルを使用していないことが考えられます

ディスプレイをMacに接続するためのケーブルは、より高いリフレッシュレートに対応している必要があります

ほとんどの場合、別のケーブルを使用することで解決できます、HDMIが動作せず、モニターがDisplayPortに対応している場合は、そちらを試してみてください











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)