オープンソースの写真管理アプリケーション「digiKam 7」のMac版がリリース

オープンソースの写真管理アプリケーション「digiKam 7」のMac版がリリース

digiKam 7

プロユーザーや興味のある趣味人向けの無料写真管理アプリケーション「digiKam」のオープンソースプロジェクト「digiKam」が、1年以上の開発期間を経てバージョン7.0がリリースされ、中でも数年前から統合されている顔認識機能が改善されています

DigiKam 7 00002 z

今回のアップデートではディープラーニング機能を利用して、認識率を平均80%から97%に向上させています、新しいベースは、ブラーされたフェース、ぼやけた顔、覆われた顔、顔の横顔、印刷された顔、避けられた顔、部分的な顔などを認識します

DigiKam 7 00003 z

さらに、犬や猫などの人間以外の顔も認識されるようになりました

スポンサーリンク


新バージョンでは、他のカメラメーカーのRAWファイルのサポートが改善され、Appleでも使用されるようになったHEIF画像フォーマットの処理を最適化し、多数の個々の画像からポスターモザイクを作成することができ、追加設定で最適化されたフォトスライドショーが導入され、ボタンを押すだけで作成できるHTMLギャラリーの新しいテーマが追加されています

digiKam 7はMac、Windows、Linuxに対応しており、サイズは400 MB弱、Macには約1 GBの空き容量が必要です

Mac版のダウンロードは、こちらから
DigiKam 7 00004 z

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)