Appleの新しいiPhoneが米国のAndroidマーケットシェアを圧迫

Appleの新しいiPhoneが米国のAndroidマーケットシェアを圧迫

CIRP(Consumer Intelligence Research Partners)の最新の米国データ(2017年10月から12月)は、新しいiPhoneの人気でAppleは米国市場シェアを獲得しており、現在では最大の単一のスマートフォンメーカーになている事を明らかにしています

iOSの市場シェアが拡大

AndroidとiOSはともに、米国の携帯電話のアクティベーションのほぼ100%を占めていす、次のデータはAppleが新しいiPhoneの需要を大幅に伸ばしていることを示しています
CRIP20180117 001

iOSとAndroid

  • 2017年12月の四半期
  • iOSとAndroidの比率は、39%:60%

  • 2016年12月の四半期
  • iOSとAndroidの比率は、34%:64%

  • 2017年9月の四半期
  • iOSとAndroidの比率は、29%:71%

「AppleのiOSは、直近の四半期に米国におけるモバイルオペレーティングシステムシェアを拡大​​しました。」とCIRPのパートナーおよび共同創業者、Josh Lowitz氏は述べています

Androidは依然としてリードしているが、新しいiPhone 8、8 Plus、Xモデルの発売により、Appleは2017年12月の四半期に、2017年9月の四半期、2016年12月の四半期と比較して、アクティベーションのシェアを増加させることができました

スポンサーリンク

ブランド別

CRIP20180117 002
Appleは米国市場で2017年12月の第1四半期に39%、Samsungは32%、LGは13%でシェアを獲得しました、モトローラ、HTCなどを含む他のすべてのブランドで残りの15%を占めています

これらの新しい数字は、この新しいデバイスが中国、英国、米国などの主要市場でAppleの存在感を高めていることを、Kantar WorldPanel ComTechの最近の調査結果でも現れています(英国では、Appleはスマートフォン市場のほぼ半分を占めました)

Appleは、2月13日に2018年度の第1四半期決算を発表しますが、注目されるところです

(Via Apple Must.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)