【Mac】Keynoteの埋め込み:32bitから64bitへ検索と置換

【Mac】Keynoteの埋め込み:32bitから64bitへ検索と置換

Keynote

Keynoteで作成したプレゼンテーションにはたくさんのビデオが埋め込まれていると思われます

64bit版への切り替え、およびQuickTime 7コーデックの喪失に備えてそれらのビデオが macOS 10.15で再生されるようにすることです

ここで難しい問題は、どのプレゼンテーションが影響を受けるのかを知ることです

確認する唯一の方法は、Keynoteの現在のバージョンを使用して各プレゼンテーションを開き、埋め込みビデオ(および変換が必要な可能性のある静止画像)をチェックすることです

Keynote 8.3以降ではこれを確実に行うように見えます、また、ビデオなどの更新が必要なコンテンツを含むプレゼンテーションを開くと、自動的に変換された内容が報告されます
Keynote Video 00001
ここでの唯一の問題は、この警告ウィンドウには、変換はProResまたはH.264のどちらにも行われることが示されているということです

スポンサーリンク


Keynoteの設定を見てみると、フォーマットをHEVCに変更しない限り、デフォルトはH.264です

プレゼンテーションに大きなクリップがあり、プレゼンテーションが再生されるすべてのMacおよびデバイスがHEVCをデコードできると確信できる場合は、それを選択することがお勧めです

ただし、Keynoteがプレゼンテーションを開く際にこれらの変換を実行するときには、個々に選択することはできません
Keynote Video 00002
Keynoteのプレゼンテーションが正しく変換および更新されたことを確認する(かなりの時間がかかります)最も簡単な操作は、「ファイル」メニューを開くときに「Option」キーを押します、これにより、変換したプレゼンテーションを別の名前で保存できます

次に、元のファイルのアーカイブコピーがあることを確認し、新しく変換されたファイルを変換します

keynoteのプレゼンテーションに入った、コンポーネントビデオや画像を含む別々のフォルダも一緒に変換することが重要です

(Via The Eclectic Light Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)