【Mac】ダウンロードしたファイルを自動的に削除する 3つの方法

【Mac】ダウンロードしたファイルを自動的に削除する 3つの方法

Macのダウンロードフォルダに用済みのファイルが何もアクションを起さないと残ったままになります、ダウンロードフォルダを見て下さい・・・貯まっていませんか?

用済みのファイルを削除して綺麗に保つのは退屈な作業です

以下の方法で、ダウンロードフォルダを自動的に綺麗に保つことができます

1. スマートフォルダを設定する

スマートフォルダとは普通のフォルダではありません、ファイルを検索して保存するフォルダで、この機能を使うとダウンロードフォルダ内のファイルを移動するのではなく、特定の興味のあるサブセットをフィルタ処理で表示することができます

この方法でスマートフォルダを使用することには、メリットとデメリットの両方があります

  • メリット
  • フォルダは簡単に設定でき、またルールに応じて、フォルダの内容が重なってもかまいません

  • デメリット
  • 実際にはファイルを削除したり、Downloadsフォルダを再構築したりできません、単にそう見えるだけでオリジナルの内容は変わりません

スマートフォルダを作成する方法

  1. Finderでダウンロードしたファイルがある場所のフォルダを開きます
  2. 「ファイル」>「新規スマートフォルダ」をクリックします
  3. Downloard Folder 00002

  4. Finder検索ウィンドウが表示されます
  5. ツールバーの下のセクションで、検索フォルダが「この Mac」ではなく「ダウンロード」に設定されていることを確認します
  6. 利用可能な検索フィルタを使用して、探しているダウンロードファイルの種類を絞り込みます
  7. Downloard Folder 00003

  8. ツールバーの検索ボックスを使用してキーワードを検索することも、右端の小さなプラスアイコンをクリックしてより具体的なルールを追加することもできます
  9. Downloard Folder 00005

  10. これを保存しておけば、後からずっと利用できます
  11. Downloard Folder 00006

こうして、検索したファイルを削除すれば不必要なファイルが溜まるのを処理することができます

スポンサーリンク

2. Automatorを使ってフォルダアクションを作成する

  1. 「アプリケーション」にあるAutomatorを起動し「新規書類」をクリックします
  2. Automator

  3. 書類の種類で「フォルダアクション」を選択します
  4. Downloard Folder 00007

  5. 右上は「フォルダを選択」を「その他」にし、「ダウンロードフォルダ」を選択します
  6. Downloard Folder 00009

  7. ライブラリで「ユーティリティ」を選択し「変数の値を設定」をメインウィンドウにドラッグ&ドロップします
  8. Downloard Folder 00010

  9. ライブラリで「ファイルとフォルダ」を選択し「Finder項目にフィルタを適応」をメインウィンドウにドラッグ&ドロップします
  10. Downloard Folder 00011

  11. ライブラリで「ファイルとフォルダ」を選択し「Finder項目をゴミ箱に入れる」をメインウィンドウにドラッグ&ドロップします
  12. Downloard Folder 00012

  13. これを保存します

スポンサーリンク

3. アプリケーション「Hazel」をインストールする

これはmacOS用の自動化アプリで、上記の2つの方法と同じ結果を得ることができます
Download Folder 00013
アプリケーションなので、実に簡単に洗練されています
Download Folder 00015
「Hazel」はこちらから試用版がダウンロードでき、32ドルとなっています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)